市民・地域共同発電所全国フォーラム2015 小田原大会 〜電力自由化時代の到来にむけてエネルギーの地産地消をどう進めるか?〜 (記念講演・総合セッション) 2015.11.14

記事公開日:2015.11.14取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年11月13日(金)から神奈川県小田原市で開かれている「市民・地域共同発電所全国フォーラム2015小田原大会」は、2日目の14日(土)午前、小田原市民会館で鈴木悌介・小田原箱根商工会議所会頭の記念講演「自然エネルギーで地域が主役の街づくり〜エネルギー革命で人・仕事・お金を地域でまわす」と、総合セッション「市民・地域共同発電所のこれまでとこれから〜エネルギーヴェンデによる地域の自立と再生」を行った。

■全編動画
・1/2(09:21~ 3時間0分)

1分〜 氏川氏挨拶/4分〜 加藤市長挨拶/9分〜 府川町長挨拶/13分〜 鈴木氏講演/1時間10分〜 総合セッション開始/1時間16分〜 志澤氏報告/1時間26分〜 豊岡氏報告/1時間42分〜 佐々木氏報告/1時間52分〜 吉中氏報告/2時間2分〜 加藤市長報告/2時間13分〜 和田氏コメント/2時間25分〜 ディスカッション

・2/2(12:22~ 34分間)

冒頭〜 ディスカッション〔続き〕/23分〜 岡部氏挨拶、大会宣言提案・採択
  • 実行委員長挨拶 氏川恵次氏(横浜国立大学大学院教授)/地元自治体首長挨拶 加藤憲一氏(神奈川県小田原市長)、府川裕一氏(神奈川県開成町長)
  • 記念講演 鈴木悌介氏(小田原箱根商工会議所会頭、エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議代表理事、鈴廣かまぼこグループ代表取締役)「自然エネルギーで地域が主役の街づくり〜エネルギー革命で人・仕事・お金を地域でまわす」
  • 総合セッション「市民・地域共同発電所のこれまでとこれから〜エネルギーヴェンデによる地域の自立と再生」
    • パネリスト 志澤昌彦氏(ほうとくエネルギー)/豊岡和美氏(徳島地域エネルギー)/佐々木健洋氏(福島県農民連)/吉中由紀氏 (パルシステム神奈川ゆめコープ)/加藤憲一市長
    • コメンテーター 和田武氏(自然エネルギー市民の会、元立命館大学)/コーディネーター 山崎求博氏(足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ)
  • 挨拶、大会宣言提案・採択 岡部幸江氏(大磯エネシフト理事長)
  • タイトル 市民・地域共同発電所全国フォーラム2015 小田原大会 〜電力自由化時代の到来にむけてエネルギーの地産地消をどう進めるか?〜 記念講演・総合セッション
  • 日時 2015年11月14日(土)9:20〜12:45
  • 場所 小田原市民会館(神奈川県小田原市)
  • 主催 市民・地域共同発電所全国フォーラム・小田原 2015実行委員会/創発的地域づくり・連携推進センター酒匂川流域小田原支部(詳細、Facebook)

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です