2015/08/21 【緊急アップ!】「どうでもいいなら総理を辞めろ!」お盆明けの国会前で若者ら8000人以上が安保法制廃案を求め抗議  

記事公開日:2015.8.21
このエントリーをはてなブックマークに追加

 自衛隊の内部資料の発覚、安倍総理の懲りない野次、お盆明けに早くも大紛糾の参議院審議に、国会前には多くの国民が集結。8000人以上が怒りの声をあげた。

 2015年8月21日の参議院特別委では、共産党の小池晃議員が暴露した内部資料を巡り、中谷防衛大臣、安倍総理がともに「内容に問題はない」と答弁し、野党は猛反発。この日の抗議では、「法案の中身を先取りして進めている」「国会の議論を無視した暴走だ」と批判の声が多くあがった。

 また国会では民主党の蓮舫議員の追及に対し、安倍総理が「まぁいいじゃない、それくらい」と野次を飛ばし議場が紛糾する場面もあった。安倍総理は衆議院の審議でも「早く質問しろ」と野次を飛ばし問題となっている。にも関わらず反省する様子のない総理の姿勢に、若者らは「『どうでもいい』なら総理を辞めろ!」「野次を飛ばすような総理はいらない!」とシュプレヒコールをあげた。

▲お盆明けということもあり、前回よりも多くの参加者が集結した。

 抗議を主催するSEALDsの奥田愛基さんは、「まだまだやれることはたくさんある。あと3週間か4週間頑張りましょう」と訴えた。8月23日には、全国各地でSEALDsを含めた多くの団体がデモを行う。また8月30日には、国会10万人包囲と全国100万人大行動が行われる予定だ。

内部資料を追及する小池議員「安倍総理はいら立ち、追い詰められている」

 自衛隊の内部資料を暴露し、政府を追及している共産党の小池晃議員は、スピーチで「まるでクーデターだ」と批判した。

▲「まるでクーデターだ」内部資料について舌鋒鋭く批判の声をあげる小池議員

 「5月26日、衆議院の本会議で安倍晋三が初めて法案を説明したその日、350人の自衛隊の高級幹部が集まって、来年の南シナ海のPKOには新しい法案で出て行くんだって議論していた。まるでクーデターではないか。 国民には丁寧に説明すると言って、なんにも説明しないくせに、自衛隊の中だけで、丁寧に丁寧に説明しているのが安倍晋三だ」

 小池議員はさらに、内部資料には国会で一度も説明されたことのない「日米の軍軍間の調整所」や「日米共同計画の存在」などが明記されていることを紹介。 国民への説明と実態の矛盾を指摘した。

 「安倍晋三はお母さんと子どもたちが米国の船に乗って避難してくる時に守れないとか言っていたが、(資料には)そんな話は一言も出てこない。結局、中東やアフリカまで行って自衛隊と米軍が肩を並べて戦争する国にする。その狙いがはっきりと出ている文書だ」

 そのうえで小池議員は、「こんなインチキを今日の委員会で安倍首相は『中谷大臣の言うとおりだ』と認めた。こんな嘘つきの防衛大臣も、総理大臣も、絶対にこれ以上のさばらせるわけにはいかない」と強調。さらに、これまでのどの論戦よりも安倍総理が苛立った様子で、小池議員の出した資料をテーブルに叩き付けていたことを紹介し、「(安倍総理は)追い詰められている。もう一歩です」と参加者を鼓舞した。

SEALDs TOHOKU・エミさん「被災地だからこそ戦争法案反対を訴えていきたい」

 東北で「SEALDs TOHOKU」を立ち上げたメンバーの一人であるエミさんは、「今まで安倍政権は震災・原発事故で被害に遭った方々の、財産や人権の問題としっかり向き合ってきていない。その問題を放置して武力ばかり拡大している」と批判。安保法案と、原発や被災地の復興の問題は「政府が国民を無視しているという点で根本的には同じ」だと訴えた。

▲静かな口調で訴えるエミさん

 東北では、学生が声を上げたり政治的な行動をすることへの抵抗が、根強く存在しているという。

 「それでも8月9日にデモをしたとき、600人以上の人が集まり、地元メディアが大きく取り上げました。目には見えなくても、地元の人たちの意識が少しずつ変わってきているように感じています」

 こう語るエミさんは、「被災地だからこそ、東北から強く、戦争法案反対を訴えていきたい。戦争法案反対の大きなうねりを、全国で一丸となってつくり出すことが今、一番重要」と語った。

(取材:川島安乃・ぎぎまき・阿部洋地、写真:城石裕幸、記事:原佑介・平山茂樹・遠田哲也、記事構成:佐々木隼也)

歴史学者・久保亨氏「安倍談話は日露戦争美化という偏った歴史認識に基づいている」

この続きは、会員限定となります。
まだ会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会に会員となって続きをお読み下さい!

この記事・映像の完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
この記事・映像だけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “2015/08/21 【緊急アップ!】「どうでもいいなら総理を辞めろ!」お盆明けの国会前で若者ら8000人以上が安保法制廃案を求め抗議

  1. 参議院会期も、そんなにない。リベラル野党の国会議員を、きつく叩き上げてでも「国会審議空転⇒アベを答弁ノイローゼへ⇒「戦争法案」審議不能⇒物理的廃案へ」なんとか持ち込もう!デモ・集会圧力もいいが、院内与野党対決の戦術を、リベラル野党は真剣に役割分担も含めて念蜜に講じよ!「我が党エゴ・ちょっと目立つ事は?」など考えるな!
    国民世論は、そんなパフォーマンスは、すぐ見抜く。みんな!アキラメズやれるところまでやろー!霧が晴れるまで!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です