イージス・アショア配備「唯一の適地」であるはずの陸上自衛隊・新屋演習場内の一部に津波で浸水の可能性!防衛省が認める!防衛省「かさ上げなどの対策によって、津波の影響はない」!?~6.13野党合同ヒアリング 2019.6.13

記事公開日:2019.6.15取材地: 動画

 2019年6月13日(木)10時より、東京都千代田区の衆議院内において、イージスアショア虚偽調査・武器爆買い問題 野党合同ヒアリングが行われた。


トランプ政権の北朝鮮政策は一貫性がなく支離滅裂! 太田昌克氏が指摘「不要な武力衝突、その先にある核戦争だけは絶対に避けたい」~自衛隊を活かす会 第15回シンポジウム 北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか 2017.12.25

記事公開日:2017.12.25取材地: テキスト動画

※2月3日テキストを追加しました。

 2017月12月25日(月)13時45分より、東京都千代田区の参議院議員会館にて、自衛隊を活かす会 第15回シンポジウム「北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか」が行われた。

 この日、登壇したのは、元陸上幕僚長の冨澤暉(とみざわ・ひかる)氏、共同通信編集委員の太田昌克氏、富山大学教授の今村弘子氏、元内閣官房副長官補の柳澤協二氏の4名。緊迫する北朝鮮情勢や、核・ミサイル問題について多角的な議論が行われた。


北朝鮮の弾道ミサイル、上空から日本への着弾までわずか3秒!? トランプ政権の変質と緊迫するシリア・北朝鮮情勢に迫る!~岩上安身によるインタビュー 第744回 ゲスト 元外務省国際情報局長・孫崎享氏 2017.4.22

記事公開日:2017.4.22取材地: 動画独自


※2021年5月4日 フル公開としました。

 米軍によるシリアへのミサイル攻撃に加え、北朝鮮情勢の緊迫化など、国際情勢がかつてないほどの緊張状態を迎えつつある。その背景には、米トランプ政権内部での勢力争いと、それにともなう「アメリカ第一主義」から「介入主義」への路線変更があると言われている。

 4月22日、岩上安身が元外務省国際情報局長の孫崎享氏に単独インタビューを行い、「イスラエル・ロビー」に支配されつつあるホワイトハウスの内部事情や、北朝鮮の弾道ミサイルが日本本土に着弾する可能性などについて、詳しく話を聞いた。


北朝鮮の弾道ミサイルは日本のどこを狙うのか!? 防衛システムは対処できるのか!? ~岩上安身によるインタビュー 第740回 ゲスト 軍事ジャーナリスト・福好昌治氏 第1弾 2017.4.18

記事公開日:2017.4.18取材地: テキスト動画独自

※4月21日、実況ツイートを会員ページに追加しました!

 2017年4月18日(火)、東京都港区のIWJ事務所にて、軍事評論家の福好昌治氏に岩上安身がインタビューを行った。