【特別寄稿】下流の都市部のために上流部の水害を容認する!? 「歴代自民党政権の人災」の本質を直視しない橋下徹氏がうそぶく「シビアな治水(河川)行政」――ダム最優先・堤防強化二の次の河川政策が招いた堤防決壊続出の台風19号被害 2019.10.26

記事公開日:2019.10.26取材地: テキスト

 台風19号上陸の翌10月13日放送の「Mr.サンデー」で、維新創設者の橋下徹・元大阪市長から暴言が飛び出した。

 長野市の「千曲川穂保地区」の堤防決壊現場の映像が流れた直後、橋下氏は「治水行政はかなりシビアな判断をやっている」「『都市化されている下流地域に被害が出ないように上流部であえて氾濫させる』という考え方がある」と述べ、下流域のために上流部での被害を容認するという主旨の差別的発言をしたのだ。


「八ッ場ダム無双」「スーパー堤防礼賛」デマを一蹴する!! 台風19号であらわになった日本の治水事業の根本的な誤りと、真に国民の安全を守る方策の提言!! ~岩上安身によるインタビュー 第961回 ゲスト 関良基教授(拓殖大学政経学部)まさのあつこ氏(ジャーナリスト) 2019.10.21

記事公開日:2019.10.23取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます。一般会員の方は、記事公開後1ヶ月間以内に限りご覧いただけます。 IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。→ご登録はこちらから

 2019年10月21日(月)20時より東京都港区のIWJ事務所にて、関良基教授(拓殖大学政経学部)とまさのあつこ氏(ジャーナリスト)に岩上安身がインタビューを行った。甚大な被害をもたらした大型台風15号、19号による日本各地の被災地状況や日本の治水事業について話を聞いた。


映画「ほたるの川のまもりびと」トークイベント@京都 ~トーク:前滋賀県知事・嘉田由紀子氏、山田英治監督 2018.12.6

記事公開日:2018.12.6取材地: 動画

 12月15日より京都シネマにて公開が始まる、長崎県の石木ダム建設計画に抗う住民たちを描いた映画「ほたるの川のまもりびと」。この公開に先駆けて開催されたトークイベントを中継。登壇者の前滋賀県知事・嘉田由紀子氏、山田英治監督が映画の見どころや新たなダムの問題について語った。


【西日本豪雨取材報告】6.2枚のカードが大規模な水害から住民の命を守った!? 西日本豪雨が未曾有の被害をもたらした中、一人の犠牲者も出なかった愛媛県大洲市三善地区にIWJが現地へ取材!犠牲者を出さなかった秘訣は!? 2018.7.15

記事公開日:2018.7.19取材地: テキスト動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年7月上旬に西日本のほぼ全域で降り続けた豪雨は、西日本各地に深刻な被害をもたらした。警察庁の発表によると、7月18日現在で、14府県で223人の死者が発生した。さらに、共同通信のまとめによると、18日現在、5府県で15人が安否不明のままだという。また、総務省消防庁の発表では、豪雨被害による避難者は17日午後8時現在、16府県で約4700人にのぼる。