「核軍縮」を掲げ「戦争拡大」を進める米国の矛盾 ~岩上安身によるジャーナリスト・堤未果氏インタビュー 2011.2.28

記事公開日:2011.2.28取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年2月28日、岩上安身がジャーナリストの堤未果氏にインタビューを行った。

 冒頭、堤氏は自身の近著『もう一つの核なき世界』(小学館)に触れ、「オバマのいう『チェンジ』とは、まさに『核なき世界』という理念の構造に似ている。言葉として、受け手が検証せず、都合よく解釈できるようになっている」と指摘。

 2009年4月のプラハ演説でオバマ大統領自身が言及した「核なき世界」を中心とする核軍縮の流れと、それにも関わらず戦争を拡大しようとする米国の矛盾について報告した。

■ハイライト

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

「「核軍縮」を掲げ「戦争拡大」を進める米国の矛盾 ~岩上安身によるジャーナリスト・堤未果氏インタビュー」への1件のフィードバック

  1. 荒井信一 より:

     堤未果氏は人柄からか相手の岩上安身氏の顔を真っ直ぐ見て話すね。視聴者からすると話しをするときの表情が横顔になって分からない。今度収録するときは、話す堤未果氏の表情が写るように配置を考えて欲しい。また新著(株)貧困大陸アメリカについての対談を聴きたい。
     アメリカ人にTPPやその他の法律や協定によって、アメリカ人自身の主権が損なわれつつある事をアピールすることが、TPPを潰す一番の方法かも知れない。ロシアのプーチンの様にアメリカメディアに意見載せる資金力はないか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です