第12回エネシフジャパン勉強会〜被災地に再生可能エネルギーを届ける・再生可能エネルギー促進法案審議状況について 2011.8.18

記事公開日:2011.8.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年8月18日、衆議院第1議員会館多目的ホールにて、エネシフジャパン主催の勉強会が開かれた。

 ゲストは福山哲郎氏(内閣官房副長官)、小島敏郎氏(青山学院大学国際政治経済学部教授)。勉強会は毎週月曜日、17時から19時に定期的に行われている。菅総理退陣を受け、『被災地に再生可能エネルギーを届ける・再生可能エネルギー促進法案審議状況について』をテーマに、参加者と広く討論した。

 参加者らからは、「自分たちが立ち上がるべき」「電力会社の構造などの統治システムに問題があるのでは」などの意見が上がった。

☆「エネシフジャパン」は日本を自然エネルギーにシフトする国民と議員の恊働イニシアティブです。毎週1回午後5時からの連続研究会を予定しています。エネシフジャパンのHPはhttp://www.sustena.org/eneshif/

  • ゲスト 福山哲郎氏(内閣官房副長官)、小島敏郎氏(青山学院大学国際政治経済学部教授)
  • 日時 2011年8月18日(木)
  • 場所 衆議院第1議員会館多目的ホール(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です