「レイシズムを潰せ」セーブ機能を失った日本社会に法規制は必要か ~トークイベント「新大久保からレイシズムをぶっつぶせ」 2013.4.11

記事公開日:2013.4.11取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・原佑介)

 「ヘイトスピーチの法規制に反対していたが、議論の末、消極的賛成派になった」。

 2013年4月11日(木)、ネイキッドロフトで行われたトークイベント、「新大久保からレイシズムをぶっつぶせ」で、司会を務めたコラムニスト・松沢呉一氏はこのように述べた。

■ハイライト

  • 出演) 有田芳生議員、木野トシキ(プラカ隊主宰)、金展克氏(請願署名呼びかけ人)、武市一成氏(拓殖大学外国語学部講師)
  • 司会) 松沢呉一氏

 この日のイベントには、幼稚園、小学校時代を新大久保で過ごしたという民主党・有田芳生参議院議員も参加した。有田議員は現在、他の国会議員にも、在特会らの人種差別問題対策への参加を呼びかけているが、参院選も近い今、なかなかこの問題に正面から取り組むと表明する議員がいないという。一方で、「国会で他の議員とすれちがった時に、『在特会どうにかしてね』と言う人が増え、変わってきたと感じる」と述べ、議員の関心も高まりつつあるとの認識を示した。

 イベントは、「ヘイトスピーチ規制法」についても言及。多様な意見が飛び交った。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です