みどりの風・亀井静香氏「自然の防潮堤を国家プロジェクトにしなくては」-第2回 3月11日 日本人の原点『祈りの日』式典 2013.3.11

記事公開日:2013.3.11取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 震災から2年たつ11日、明治記念館では「第2回3月11日日本人の原点『祈りの日』式典」が行われた。

 2部構成で行われた今回の式典は、世話人代表の村上正邦元参議院自民党議員会長の開会宣言から始まり、午後2時46分に黙祷、また村上氏の古くからの付き合いの高谷秀司氏がギター演奏、福島の合唱団が「双葉町の歌」などを合唱した。

 後半の部では、横浜国立大学名誉教授の宮脇昭氏、命の党の菅原文太氏、「いのちを守る森の防潮堤」推進東北協議会 会長であり輪王寺住職の日置道隆氏、緑の風の亀井静香氏などが登壇し講演を行った。

■ハイライト

  • <第一部>
    • 14:25 開会宣言
    • 14:30 開会の挨拶
    • 14:46 黙祷・献花
    • 15:10 佐藤栄佐久前福島県知事スピーチ
    • 15:20 「ふるさと」合唱
  • <第二部>
    • 15:40 講演:宮脇昭氏
    • 16:30 講演:菅原文太氏
    • 17:00 閉会の挨拶
  • 主催 日本人の原点「祈りの日」実行委員会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です