デュッセルドルフ市『緑の党』が主催する山口泉氏の講演会「福島原発事故とその現状(Fukushima und die Folgen)」 2013.1.18

記事公開日:2013.1.18取材地: | | テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・荒瀬/奥松)

 2013年1月18日(金)18時30分から、ドイツのデュッセルドルフ市内で、「デュッセルドルフ市『緑の党』が主催する山口泉氏の講演会『福島原発事故とその現状(Fukushima und die Folgen)』」が行われた。『原子野のバッハ――被爆地・東京の三三〇日』他の著書のある作家、山口泉氏が、福島原発事故からまもなく2年を迎える日本の現状について、講演を行った。

■ハイライト

  • 東電福島第一原発の最大想定事故後の真実と現状
-Wahrheit und Status Quo des GAU von TEPCO/ Fukushima Daiichi(Nr.1)
  • 日本における現代社会の異常性
-Die Abnormitaet der heutigen japanischen Gesellschaft
  • なぜ福島事故に至ったか
- Was hat zu Fukushima gefuehrt?
  • その後は如何なる状況が出現するのか
- Welche Situation kommt danach?
  • 私個人は今後どう生きるか
- Wie werde ich persoenlich (weiter)leben?
  • 山口泉氏とのパネル・ディスカッション
- Podiumsdiskussion mit Izumi Yamaguchi
  • 主催 デュッセルドルフ市『緑の党』

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です