改竄も職員の死も、すべての責任は安倍総理大臣にある!真実は明らかにされねばならない!野党4党による「森友問題再検証チーム」発足。~3.18 「森友問題再検証チーム」記者会見 2020.3.18

記事公開日:2020.3.22取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文 千浦僚)

 2020年3月18日、学校法人森友学園に関して起きた近畿財務局の公文書改竄事件の渦中で上司に改竄を強要され、それを苦に自ら命を絶った近畿財務局職員の手記が週刊文春の記事などで公表された。さらに同日大阪地方裁判所にて職員遺族が国と佐川宣寿財務省理財局長(2017年当時)を相手取り賠償請求を提訴した。これを受けて野党4党は「森友問題再検証チーム」を発足させた。同チームは15時40分より衆議院本館にて記者会見を行い、手記によって判明した事実から改竄事件を再検証し、真相を究明すると語った。

 「森友問題再検証チーム」役員は以下の通り。座長 川内博史衆議院議員。副座長 大西健介衆議院議員、大門実紀史参議院議員、森ゆうこ参議院議員、杉尾秀哉参議院議員。事務局長 今井雅人衆議院議員。副事務局長 山井和則衆議院議員、黒岩宇洋衆議院議員、清水忠史衆議院議員。事務局 柚木道義衆議院議員。

 座長 川内博史議員は「改竄を指示した側は何事もなかったかのように出世を遂げた。一方、この問題を正直に説明しようとし、悩まれて命を絶った職員の方がいる。その魂に報いるために何ができるのか、現場で頑張っているひとが追い込まれることがないような公務の世界をつくるべきではないか。そのためにも森友問題の真実が明らかにされなくてはいけない」と語った。

 また川内議員は「この改竄事件は2017年2月17日の国会における安倍首相の答弁、「私や妻がこの件に関係していれば総理大臣も国会議員もやめる」、に端を発している。すべての責任は安倍総理大臣にあると言わざるを得ない」とも述べた。「森友問題再検証チーム」は3月19日よりヒアリングを開始する。

■ハイライト

  • 出席議員 川内博史衆議院議員、大西健介衆議院議員、大門実紀史参議院議員、森ゆうこ参議院議員、杉尾秀哉参議院議員、今井雅人衆議院議員、山井和則衆議院議員、黒岩宇洋衆議院議員、柚木道義衆議院議員、清水忠史衆議院議員
  • 日時 2020年3月18日(水)15:40~
  • 場所 衆議院本館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

「改竄も職員の死も、すべての責任は安倍総理大臣にある!真実は明らかにされねばならない!野党4党による「森友問題再検証チーム」発足。~3.18 「森友問題再検証チーム」記者会見」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    正直に説明しようとし、悩まれて命を絶った職員の方がいる。その魂に報いるために何ができるのか、現場で頑張っているひとが追い込まれることがないような公務の世界をつくるべきではないか。そのためにも森友問題の真実が明らかにされなくてはいけない。 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/470215
    @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1242045223846301698

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です