「基地反対のデモや集会の弾圧を『憲法の規定に従って行う』、そんな世の中を危惧しています」福島出身の哲学者・高橋哲哉氏インタビュー 2012.12.27

記事公開日:2012.12.27取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

※全文文字起こしを掲載しました(2013年6月28日)

 2012年12月27日(木)、東京都内のIWJ事務所で、高橋哲哉氏へのインタビューが行われた。福島県出身の哲学者である高橋氏は、2011年3月11日の東日本大震災以降、原発問題について精力的な発言を続けている。今回のインタビューでは、原発のこと、自民党政権のこと、憲法のこと、沖縄のこと、専門の哲学のことなど、幅広いテーマについてお話をうかがった。

■ハイライト

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です