【特別寄稿】春節を前に深刻なパンデミックも危惧される新型コロナ・ウィルス肺炎! 中国当局は武漢を「封鎖」! 試される中国現政権の統治能力! 2020.1.23

記事公開日:2020.1.23 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(エコノミスト・田代秀敏氏 記事構成IWJ編集部)

特集 #新型コロナウイルス
※記事全編は会員様限定でご覧いただけます。→会員登録はこちらから

 中国の湖北省武漢市を中心に感染が拡大している新型のコロナ・ウィルスによるとみられる肺炎について、中国保健当局は1月23日時点で、感染者571人、死者17人と発表した。

▲コロナ・ウィルス(Wikipediaより)

 新型肺炎について、20日午後、中国工程院の研究スタッフである鐘南山氏は、国家衛生健康委員会の高級専門家記者会見の席上で、広東省の患者3人が武漢を訪れていないことから、新型コロナ・ウイルスは人から人へ感染すると言えると述べた。既に14人の医療スタッフが感染していると述べている。

▲鐘南山氏(Wikipediaより)

 これを報じた記事は、中国共産党機関紙『人民日報』に転載されており、事実上の党の公式見解となっている。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です