【国会ハイライト】高齢者を食い物にしたマルチまがい商法のジャパンライフ山口隆祥元会長にも「桜を見る会」の招待状が!受付票「60」は総理推薦枠か!? 田村智子議員による「桜を見る会」追及・第4弾! 2019.11.25

記事公開日:2019.12.7 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(文・奥松由利子)

 「この、野放図な招待が、何をもたらしているのか!」

 「桜を見る会」を巡る疑惑が続々と明らかになる中、日本共産党の田村智子参議院議員が、2019年11月25日の参議院行政監視委員会で、さらなる「爆弾」を投下した。

 マルチ商法まがいのビジネスで社会問題になった、ジャパンライフの代表取締役会長(当時)の山口隆祥(たかよし)氏が、2015年の「桜を見る会」に招かれていたことを指摘したのだ。

 マルチ商法の一種といえる「預託商法」で磁気治療器などを製造販売していたジャパンライフは、高齢者を中心に全国で7000人もの被害者を出し、消費者庁からたびたび行政処分を受けている。

 ジャパンライフの手口は、磁気治療器などを100万円から600万円で販売。購入者がこれをレンタルすると年6%の利益が得られるという「レンタルオーナー契約」方式。しかし、特定商取引法違反などにより、消費者庁から2016年12月、2017年3月、11月、12月の4回にわたって行政処分を受け、2017年には、巨額の債務超過を顧客に隠して勧誘したとして、詐欺や預託法違反で告発された。

 出張の予定があった山口氏は、同会に出席はしていないが、届いた招待状などの画像を「総理との親交の証」のようにジャパンライフの説明会で提示し、出資者や顧客を信用させていたという。「桜を見る会」の招待状が、結果的に悪徳商法のアシストに利用されていたのである

▲ジャパンライフが説明会で配った資料(日本消費経済新聞提供)

 以前から、ジャパンライフと政界のつながりを追及してきた共産党の大門実紀史参議院議員は、11月12日、この画像を改めてツイッターで公表している。

 田村議員は、山口氏が受け取った招待状の受付票の数字「60-2357」に着目。「最初の2桁の番号は(招待者の)属性を示している。公務員は20、審議会会長や議長などは40。功績者のあった方々は50番台。では、60というのは? これは、総理の招待区分を示す数字ではありませんか?」と尋ねた。

 大塚幸寛内閣府大臣官房長は、個々の受付票に数字が振ってあることを認めながら、その意味については、「今、お答えできるだけの情報を持ち合わせていない」と繰り返した。

 田村議員は、「(会の趣旨に)まったく相応しくない人が招待されたということ。それさえ調べないなんて、ありえない!」と語気を強め、徹底的な調査を要求した。

記事目次

「桜を見る会」に山口元会長が招かれたとアピール、高齢者を信用させていたジャパンライフ! 「誰が、なぜ、招待をしたのか?」

川田龍平行政監視委員長「田村智子君」

田村智子参議院議員「日本共産党の田村智子です。『桜を見る会』について質問いたしますが、大変残念なことに、菅官房長官の記者会見の時間と丸被りになりまして、質問の順番を変えるのも難しかったということで、今日は官房副長官にお越しいただいて質問いたします。

 これまでの内閣委員会での質問、また、野党追及チームへの説明で、『総理などからの推薦名簿は、内閣官房、内閣府とも、決裁行為をしていない』。つまりは、ノーチェックだったということが、もはや明らかになっていると、私は思います。

 この野放図な招待が、何をもたらしているのか。今日は資料として、1枚配布いたしました。これは、わが党の大門実紀史参議院議員にですね、内部告発の文書として送られてきていたものなんです。

 東京都千代田区のジャパンライフ株式会社、山口元会長宛に平成27年、2015年、『桜を見る会』招待状が送られていた。ジャパンライフは、出資者や顧客獲得のために、この招待状や封筒の画像を説明会資料に使っていたんだ、ということを示す文書なんですね。

 で、これ、昨年の予算委員会、衆議院の方でも、大西健介議員が取り上げて、質問もされています

  • 予算委員会(衆議院インタネーット審議中継、2018年1月30日)

 大門議員もですね、繰り返し、このジャパンライフはね、国会で取り上げているんですよ。

 高齢者を対象に磁気ネックレスなどのマルチ商法を繰り返してきた、きわめて悪質な会社です。2014年には、すでに消費者庁から行政処分も出されていました。

 その代表取締役会長が、2015年の『桜を見る会』に招待をされ、その招待状が、ジャパンライフへの信用を示す資料として、業務に利用をされていた。大変、重大な問題だと思います。誰が、なぜ、招待をしたのか。調査をすべきだと思いますが、副長官いかがですか?」

▲田村智子参議院議員(日本共産党YouTubeより)

川田委員長「岡田内閣官房副長官」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です