選挙市民審議会 第二期第8回会議 2018.10.23

記事公開日:2018.11.2取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年10月23日(火)10時より東京都千代田区の衆議院第2議員会館にて、公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト主催による選挙市民審議会 第二期第8回会議が開かれた。

■全編動画 ※主催より動画提供

  • 出席委員:岡﨑晴輝(九州大学教員、スカイプ参加)、片木 淳(弁護士)、小林五十鈴(婦人参政権運動を継承する共同代表)、只野雅人(一橋大学教員)、田中久雄(変えよう選挙制度の会代表)、三木由希子(情報公開クリアリングハウス理事長)
  • 審議内容:岡﨑晴輝委員が選挙市民審議会(第一期)『選挙・政治制度改革に関する答申』へ応答する形で、衆議院の多数派優遇比例代表制と参議院を市民院にした上での無作為抽選制を提起。政権選択論を無視した衆議院選挙制度改革案は一蹴される懸念があるため政権選択可能な比例代表制が必要であり、抽選制による民主主義の刷新という最新の政治学的知見を検討した最終答申にすべきというのが趣旨。
  • 日時 2018年10月23日(火)10:00~
  • 場所 衆議院第2議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 公正・平等な選挙改革にとりくむプロジェクト

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です