終戦から69年の沈黙を破りナチス宣伝相ゲッベルスの元秘書が独白! 「なにも知らなかった、私に罪はない」~ドキュメンタリー映画『ゲッベルスと私』特別先行試写会後の ヴァイゲンザマー 監督来日記念特別対談・石田勇治氏 2018.5.22

記事公開日:2018.5.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年5月22日(火) 20時5分より東京都目黒区にある東京大学駒場キャンパスにて、映画『ゲッベルスと私』の特別先行試写会後、クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー監督来日記念として、監督と石田勇治氏(東京大学大学院総合文化研究科・教養学部)との特別対談が行われた。

■ハイライト

  • 日時 2018年5月22日(火) 20:05~
  • 場所 東京大学駒場キャンパス(東京都目黒区)
  • 主催 東京大学大学院総合文化研究科グローバル地域研究機構ドイツ・ヨーロッパ研究センター

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です