東電社員残業代過少申告問題「福島第一に限ったことではなく全社的」精算対象者は福島第一36名、福島第二1名、柏崎刈羽33名~5.7東京電力 定例会見 2018.5.7

記事公開日:2018.5.16取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年5月7日(月)17時より、東京都千代田区の東京電力本店にて東京電力による定例会見が開かれ、福島第一原発の状況報告が行われた。

■全編動画

  • 日時 2018年5月7日(月) 17:00~
  • 場所 東京電力本店(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“東電社員残業代過少申告問題「福島第一に限ったことではなく全社的」精算対象者は福島第一36名、福島第二1名、柏崎刈羽33名~5.7東京電力 定例会見” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    東電社員残業代過少申告問題「福島第一に限ったことではなく全社的」精算対象者は福島第一36名、福島第二1名、柏崎刈羽33名~5.7東京電力 定例会見 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/420204 … @iwakamiyasumi
    生命と健康リスクの高い仕事なのにこれでは報われない。紛れもなく東電は日本を代表するブラック企業だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/996700131616436229

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です