米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会(宜野湾市) 2017.12.29

記事公開日:2017.12.29取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年12月29日(金)14時より、米軍普天間飛行場に近い宜野湾市役所前(沖縄県宜野湾市野嵩)で「米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会」が開かれた。沖縄県高等学校PTA連合会、沖教祖など6団体が主催、およそ600人(主催者発表)が参加し、落下事故の被害を受けた普天間第二小の保護者や緑ヶ丘保育園園長・保護者らがスピーチした。

■全編動画

7分〜 島袋氏/14分〜 意見表明/51分〜 大会決議
  • 開会挨拶/実行委員長挨拶
  • 普天間基地の現状について 島袋純氏(琉球大学教授)
  • 意見表明 緑ヶ丘保育園 園長・保護者/普天間第二小学校保護者/地域住民、普天間爆音訴訟団、島ぐるみ会議ぎのわん/沖縄県婦人連合会/学校現場代表
  • メッセージ紹介/大会決議提案・採択/閉会挨拶・がんばろう三唱

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“米軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会(宜野湾市)” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    軍基地被害から子どもを守り、安心・安全な教育環境を求める市民大会(宜野湾市) https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408704 … @iwakamiyasumi
    子どもの命を守らない国は大人も未来も守らない。この怒りを日本人全体で共用してほしい、明日は我が身になりえるのだから。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/946736759181778944

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です