来年4月より福島原発作業員の5割が対象となる労務費を適正化。放射線量の低減で『野戦病院から普通の現場になった』と1日約7,000円減!? ――「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見 2017.12.21

記事公開日:2017.12.22取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年11月30日(木)17時45分より東京都千代田区の東京電力本店にて、「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見が行われた。

■全編動画

  • 会見者 増田尚宏氏(福島第一廃炉推進カンパニー・プレジデント)、大山勝義氏(福島第一廃炉推進カンパニー広報担当)、木元崇宏氏(原子力・立地本部長代理)
  • 日時 2017年11月30日(木) 17:45~
  • 場所 東京電力本店(東京都千代田区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

“来年4月より福島原発作業員の5割が対象となる労務費を適正化。放射線量の低減で『野戦病院から普通の現場になった』と1日約7,000円減!? ――「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    来年4月より福島原発作業員の5割が対象となる労務費を適正化。放射線量の低減で『野戦病院から普通の現場になった』と1日約7,000円減!? ――「中長期ロードマップの進捗状況」に関する記者会見 https://iwj.co.jp/wj/open/archives/408229 … @iwakamiyasumi
    こんな「普通の現場」はどこにもありません。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/944328794529087488

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です