【第6弾】 安冨歩・片岡祐介の「魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲」シリーズ  安冨歩氏・片岡祐介氏が『オペラ座の怪人』を魂の脱植民地化で読み解く!安冨氏「(オペラ座の怪人は)一つの音楽の集まりを放棄してドラマの中に記号のように当てはめていく」 2017.4.24

記事公開日:2017.4.30取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月24日(月) 15時より東京都大田区の某所で、「安冨歩・片岡祐介の『魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲』シリーズ ―― 『オペラ座の怪人』を魂の脱植民地化で読み解く!」を開催した。

■ハイライト

  • 収録日時 2017年4月24日(月) 15:00〜
  • 場所 東京都大田区

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

“【第6弾】 安冨歩・片岡祐介の「魂の脱植民地化で読み解くクラシック名曲」シリーズ  安冨歩氏・片岡祐介氏が『オペラ座の怪人』を魂の脱植民地化で読み解く!安冨氏「(オペラ座の怪人は)一つの音楽の集まりを放棄してドラマの中に記号のように当てはめていく」” への 1 件のフィードバック

  1. コドコド より:

    初めて拝見しましたがとても面白いシリーズですね。
    自分がなぜ現代ミュージカルにあまり興味がないのか分かった気がしました。
    続けてムソグルスキー「展覧会の絵」篇も見てみることにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です