国際人権NGOが日本の児童養護施設の惨状を報告「身体的・性的虐待、劣悪な生活条件、高等教育の機会略奪、退所後の生活支援なく低賃金の職につくかホームレス」~水岡不二雄・一橋大学名誉教授が講演 2017.4.23

記事公開日:2017.4.24取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年4月23日(日)、東京都内にて、子どもの権利条約 (CRC) 学習会の主催により、「児童相談所による人権侵害と家族破壊」と題する学習会が開催された。

 講演「子どもの権利条約と児童相談所問題:国連報告書作成に向けて」では、一橋大学名誉教授の水岡不二雄氏が登壇した。また児相被害を受けた家族からの体験報告も行われた。

■ハイライト

  • 講演 水岡不二雄氏(一橋大学名誉教授)「子どもの権利条約と児童相談所問題:国連報告書作成に向けて」
  • 「わたしが受けた児相被害:家族の体験報告」
  • タイトル 児童相談所による人権侵害と家族破壊 〜子どもの権利条約の立場から児童相談所を検証する〜
  • 日時 2017年4月23日(日)13:30〜17:00
  • 場所 東京都内
  • 主催 子どもの権利条約 (CRC) 学習会

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です