籠池氏証人喚問の裏では、緊急事態条項新設が話題に!「これ以上彼らに好き勝手させてはいけない!」諏訪原健氏が訴え――「森友疑惑徹底糾明! 安倍内閣は退陣せよ!国会議員会館前行動」 2017.3.23

記事公開日:2017.3.24取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年3月23日(木)衆議院第二議員会館前にて、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会と市民連合の共催で「森友疑惑徹底糾明! 安倍内閣は退陣せよ! 国会議員会館前行動」が行われた。

 主催発表によると、前週に行われた350名より150名多い、500名以上が参加した。

 この日、森友学園理事長である籠池泰典氏が、衆参両院予算委員会に証人喚問された。

■ハイライト

  • スピーチ
    福山真劫(ふくやま・しんごう)氏(総がかり行動実行委員会)、伊波洋一 参議院議員、辰巳孝太郎 参議院議員(日本共産党)、杉尾秀哉 参議院議員(民進党)、福島みずほ 参議院議員(社民党)、角田富夫 氏(共謀罪NO!実行委員会)、諏訪原健 氏、渡辺たかこ 氏(キリスト者平和ネット)、小森陽一 氏(東京大学教授)、高田健 氏(総がかり実行委員会)
  • 内容 野党各党国会議員の発言、各界の市民の発言、シュプレヒコールなど
  • 日時 2017年3月23日(木) 18:30~
  • 場所 衆議院第二議員会館前(東京都千代田区)
  • 主催 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 福島みずほ参議院議員は、スピーチの中で、「籠池さんは、100万円の寄付をもらったことと、10万円の講演料を払ったことをいいました。安倍総理側はそれを否定しています。だったら、どっちが真相を話しているのか明らかにするべきではないでしょうか?」「安倍昭恵さん、そして松井知事、そして前理財局長の迫田さんに話をしてもらおうではないか」と訴えた。

 また同日の午前、衆院では憲法審査会が行われ「緊急事態条項」の新設について参考人を招致し、議論が行われた。

 これについて諏訪原健氏は「森友学園が大きな形で取り上げられる陰で、共謀罪の話、あるいは改憲の話がはじまっている。こういう状況に対しても私たちは声をあげつづけなければならないと思います」「目に見えない形で、私たちが声をあげること、行動することが制限されていく社会が目の前に迫っていると思います。今ここが重要なタイミングだと思います。これ以上彼らの好き勝手にさせてはいけません」と語った。

▲福山真劫(ふくやま・しんごう)氏(総がかり行動実行委員会)

▲辰巳孝太郎参院議員は、日本共産党の森友学園疑惑追及チーム責任者

▲杉尾秀哉参議院議員

▲福島みずほ参議院議員

▲「可視化するために川柳を書いている」とプラカードをかかげる参加者

▲小森陽一氏(東京大学教授)

▲高田健氏(総がかり行動実行委員会)

▲途中から降り始めた雨の中で、スピーチに耳を傾ける参加者

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です