【大阪選挙区】東大卒で元エリート外交官の松川るい候補、ピカピカの才女のはずが、外交現状認識は「ネトウヨ」並み?改憲については一言も触れない「争点隠し」に徹する~手話の今井絵理子候補は政策に踏み込まず!? 2016.7.2

記事公開日:2016.7.3取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:高橋敬明、記事:福田玲子)

特集 2016年 参議院議員選挙 特集ページ | IWJ選挙報道プロジェクト
※7月6日テキストを追加しました!

 2016年7月2日(土)、大阪市北区の梅田 阪急百貨店西側にて、参院選大阪選挙区・松川るい候補(自民党・新人)と比例区・ 今井絵理子候補(自民党・新人)の街頭演説がおこなわれた。

 応援にかけつけたのは、自民党の細田博之幹事長代行。松川るい氏は、東大卒の元エリート外交官、期待のニューフェイスだ。

 今井氏にいたっては比例上位に属し、今回の参院選では自民党の“アイコン”ともいえる存在だ。メディアの注目度は高い。自民・おおさか維新ら改憲勢力がめっぽう強い大阪である。演説会場はさぞかし支援者であふれかえっているに違いないと思いつつ現場に駆けつけると意外や。聴衆はまばら、立ち止まる人も少ない。これには正直驚いた。

■ハイライト

  • 弁士 松川るい氏(参院選大阪選挙区候補・新人、自民党)/細田博之氏(自民党幹事長代行、衆議院議員)
  • 松川るい候補インタビュー
  • タイトル 参院選 自民党 大阪選挙区 松川るい候補、比例区 今井絵理子候補 街頭演説(梅田) ―応援 細田博之・幹事長代行
  • 日時 2016年7月2日(土)17:00〜17:30
  • 場所 梅田 阪急百貨店西側(大阪市北区)

 IWJ記者が現場に到着すると、予定時刻よりはやく、今井候補が演説を始めていた。「政治は希望です!」と、手話を交えて話し出す。

 「政治は政治家がつくるのではありません。いい政治も悪い政治もあります。それは選挙によってつくられます。ですからきちんと候補者の声をきいて投票に行きましょう。若い人の投票率は2割3割ですが、投票していただきたい…この日本を盛り上げていきましょう」

 「どんな環境に生まれて育っても、希望を絶やさない国をつくりましょう!」

 IWJ記者が現場で聞いた今井候補の主張はこれだけである。手話を交えてゆっくりと喋るため、これだけの情報量でも2分くらいになる。

 次に松川氏にマイクが渡された。
 
 「民進党から政権奪還して3年半!こんなに仕事をしている政党はありません!」

 松川るい氏は1993年外務省に入省、外交官としての華やかなキャリアを持つ。二児の母でもある。2014年から2016年春まで、安倍政権のかかげる「女性が輝く世界」女性参画室の初代室長も務めていた。いわば、安倍総理の「女性戦略」の中心的人物のひとりである。

 外交官としては、ASEAN協力やEPA交渉、ジュネーブ軍縮会議における国際情勢分析などに携わった、外交の「専門家」である。

 そんな松川候補だが、立候補に至った理由を「4年前、自民党が下野していたとき、国が荒れ、国が国の体をなしていなかった。政治がだめだとこうも国がだめになると実感、政治家になろうと思った」と言う。

 そして、「政権奪還から3年半。こんなに仕事をしている政党はない」「アベノミクスによってデフレ脱却も成果をあげてきている」とも。そして「今、日本の将来が大きく変わろうとしている10年が始まろうとしている、日本の未来を変える選挙だ」という。

 元外交官である松川候補は、さぞや日本の安全保障でも専門的知識や経験、独自理論があるだろうと思いきや、近隣諸国の「脅威」を煽る演説を始めたのにはいささか面くらった。まるで「ネット保守」とさして変わらないような現状認識である。

 「北朝鮮のミサイルは性能があがってきている。中国は尖閣諸島その他でも軍艦を配備し、海でも空でも一触即発の状態。これは私が外交官として情勢分析をしていた頃よりさらにひどくなっている」

 「英国がEUから離脱するという。離脱してEUが弱体化するようになったら、ますます存在感を増すのは中国とロシア!」

 松川候補はここで選挙区である大阪についての話を始めた。「大阪を世界の都市にしたい」「観光やビジネスをたくさん呼び込み発展させたい」「堺は昔、南蛮貿易の中心だった。大阪はその力を持っている」と“強い大阪”の復活をアピールした。

 貿易、観光、ビジネス。いずれも外から金を持った人がたくさんやってくるのが頼みだ。今、東京でも大阪でも消費の底支えはインバウンドが頼みだ。その大半は中国人である。中国を敵対視しながら経済は中国頼み、というのはなんとも矛盾した話ではないか。

 それはそうだろう。英国がEUの離脱を決定した途端、スコットランドやウェールズが独立の声をあげて英連合王国がバラバラになりかけているのはお気の毒としか言いようがないが(スコットランド、ウェールズ、アイルランドにはおめでとう!と言ってあげなくてはならないかもしれない)、しかし英国がどうなろうが中国とロシアはどのみち「ますます存在感を増していく」だろう。低成長の日本と違い、向こうは着実に経済成長しているのだから、当然のことである。問題はそんな「お隣さん」とどうお付き合いするかだ。

▲松川るい候補と今井絵理子候補

▲松川るい候補と今井絵理子候補

松川候補「日米同盟がすきをみせたら、尖閣諸島はかすめ取られる危険性がある」

 

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です