討論集会 真の解決を諦めない『「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える』出版記念会 2016.6.4

記事公開日:2016.6.4取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 『「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える』(前田朗編著、彩流社)の出版記念会として、2016年6月4日(土)14時より同志社大学志高館(京都市上京区)で討論集会「真の解決を諦めない」が開かれた。岡野八代・同志社大学教授の講演「フェミニズム倫理学から見た日韓合意」に続いて、方清子氏(日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク)、元百合子氏(大阪経済法科大学客員研究員)の討論が行われた。

■ハイライト

  • 司会 前田朗氏(東京造形大学教授)
  • 講演 岡野八代氏(同志社大学教授)「フェミニズム倫理学から見た日韓合意」
  • 討論 方清子(パン・チョンジャ)氏(日本軍「慰安婦」問題・関西ネットワーク)/元百合子氏(大阪経済法科大学21世紀社会研究所客員研究員)/司会 前田朗氏

  • タイトル 『「慰安婦」問題・日韓「合意」を考える』出版記念会
  • 日時 2016年6月4日(土)14:00〜17:00
  • 場所 同志社大学志高館(京都市上京区)
  • 主催 平和力フォーラム/共催 「女性・戦争・人権」学会、科学研究費基盤研究 (B) 「ケアの倫理の民主主義的展開―フランスにおける倫理受容研究を通じて」(詳細、FGSSサイト)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です