IUCN浸透性農薬タスクフォース来日 議員と市民の勉強会&記者会見 〜ネオ二コチノイド問題に警鐘 2012.9.3

記事公開日:2012.9.3取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年9月3日(月)、衆議院第一議員会館で、「IUCN浸透性農薬タスクフォース来日 議員と市民の勉強会&記者会見」が行われた。

■ハイライト

  • 講師
    • 「IUCN浸透性農薬タスクフォース:活動の現状」 マルテン・ベレフェルト・ヴァン・レクスモンド博士(TFSP共同議長)
    • 「統合評価」 ヨルン・P・ヴァンデル・スラウジュ博士(ユトレヒト大学持続可能な発展に関するコペルニクス研究所)
    • 「蝶への脅威」 エリザベス・ルマウィグ-ハイツマン氏(スービック・バタフライガーデン所長)
    • 「蜂群への影響」 山田敏郎教授(金沢大学理工研究域自然システム学系)
    • 「脳の発達障害・ADHD・自閉症の原因として」 黒田洋一郎氏(環境神経科学情報センター代表)
  • 日時 2012年9月3日(月)
  • 場所 衆議院第一議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です