シンポジウム「憲法と民主主義を考える」 ―石川健治・東大教授、中野晃一・上智大教授 2016.2.13

記事公開日:2016.2.13取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年2月13日(土)14時より、京都市上京区の同志社大学でシンポジウム「憲法と民主主義を考える」が開かれ、憲法学者・石川健治氏と政治学者・中野晃一氏が講演を行った。立憲デモクラシーの会、京都96条の会、戦争アカン!京都・おんなのレッドアクションが共催した。

■Ustream録画

0分〜 開会/1分〜 隅井氏挨拶/5分〜 岡野氏趣旨説明/32分〜 石川氏講演/1時間19分〜 中野氏講演

  • 主催挨拶 隅井孝雄氏(京都96条の会呼びかけ人)
  • シンポジウム趣旨説明 岡野八代氏(同志社大学教授)
  • 講演 石川健治氏(東京大学教授)「憲政逆転論」
  • 講演 中野晃一氏(上智大学教授)「政党政治と市民社会の連携は可能か」
  • (※この後行われた質疑応答は録画に含まれません)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です