シンポジウム「新たなバイオハザードの危険性」〜武蔵村山感染研施設で何が行われるのか。遺伝子組み換えで新技術が続々登場〜 2016.2.6

記事公開日:2016.2.6取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年2月6日(土)、東京都千代田区の雄山閣にて、バイオハザード予防市民センター・日本消費者連盟・遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン・DNA問題研究会の主催による、シンポジウム「新たなバイオハザードの危険性」が行われた。

■ハイライト

  • 第1部「武蔵村山感染研施設で何が行われるのか」
    新井秀雄氏(国立感染症研究所元主任研究官)ほか
  • 第2部「遺伝子組み換えで新技術が続々登場」
    天笠啓祐氏(科学ジャーナリスト)ほか

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です