パレスチナ人女性が語る、パレスチナ問題と占領下での保健医療活動 2014.8.24

記事公開日:2014.8.24取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集中東

 2014年8月24日(日)16時から、京都市左京区の京都大学吉田南キャンパスにて、パレスチナ医療救援協会(PMRS)の職員で保健アドバイザーのナジャート・アブー・クウェイク氏と保健指導員のドゥアー・アブー・ハーミド氏が、パレスチナ問題と占領下での保健医療活動について語った。

■ハイライト

  • 報告 ナジャート・アブー・クウェイク氏(保健アドバイザー、パレスチナ医療救援協会(PMRS))/ドゥアー・アブー・ハーミド氏(保健指導員、医療救援協会 MRS)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です