岩上安身による琉球新報編集委員前泊氏インタビュー 2010.10.26

記事公開日:2010.10.26取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 辺野古

 2010年10月26日、琉球新報の本社にて、前泊博盛(まえどまり ひろもり)編集委員にインタビューをしました。

 単なる地方紙の枠を超えた気骨ある沖縄の新聞。その理由がどこにあるのか。また、11月に迫った沖縄県知事選挙のこと、普天間基地だけではない、米軍基地の問題などについて、語っていただきました。

■ハイライト

◎Part1
琉球新報のワシントン特派員の報道と、中央のマスコミ報道の乖離。
県知事選挙に独自候補を立てられない民主党、等について。

◎Part2
1972年の沖縄返還後米兵による犯罪は、凶悪事件だけでも500件を超えている。
そんな在日米軍をウルトラマンに喩えると。

◎Part3
日本を守るために、自衛隊を増やすよりも外交官を増やせ。
地位協定について、外務省は本当はどう考えているのか。

◎Part4
沖縄の視点では、普天間は「移設問題」ではない。
「辺野古」はどうして、無理なのか?その理由とは。

 以上のインタビューの動画は、サポート会員のみ閲覧ができます。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です