日刊IWJガイド・日曜版「<本日の再配信&新記事紹介>本日20時より『元文部官僚の寺脇研氏が講演で、前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は「戦後初めて」!国家の教育介入に危機感を表明!』を再配信します!/昨日、『岩上安身のIWJ特報!』の第365号から368号を発行しました!特報3月号は『メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている』~加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!『独裁国家に近づいている』と危機感!(前編)です!」2018.4.1日号~No.2026号~


■■■ 日刊IWJガイド・日曜版「<本日の再配信&新記事紹介>本日20時より『元文部官僚の寺脇研氏が講演で、前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は「戦後初めて」!国家の教育介入に危機感を表明!』を再配信します!/昨日、『岩上安身のIWJ特報!』の第365号から368号を発行しました!特報3月号は『メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている』~加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!『独裁国家に近づいている』と危機感!(前編)です!」2018.4.1日号~No.2026号~ ■■■
(2018.4.1 8時00分)

 おはようございます。IWJ編集部です。

 本日は日曜日のため、簡易版でお届けいたします。ご了承ください。

■<本日の再配信&新記事紹介>本日20時より「元文部官僚の寺脇研氏が講演で、前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は『戦後初めて』!国家の教育介入に危機感を表明!」を再配信します!

 元文部官僚の寺脇研・京都造形芸術大学教授が3月26日、京都市内で開かれた「第20回左京フォーラム(戦争をさせない左京1000人委員会主催)」で講演しました。

 名古屋市立の中学校で今年2月に前文部科学事務次官の前川喜平氏が行った授業について、文科省が同市教育委員会に対して、前川氏を講師として招いた意図の説明や録音テープの提供などを求めていたことが問題になっていますが、寺脇氏は「たった一つの授業を狙い撃ちしてどうこうと口を出すのは戦後初めてのケースで、ものすごいことだと思う。昨年、私の著書に出版社が『国家の教育支配がすすむ』(https://amzn.to/2GmuWbP)というタイトルを付けた時、オーバーな表現だと思ったが、今は時代が追いついて来た」と危機感を表明しました。

※前川喜平・前次官の講演を自民党・池田佳隆衆院議員が文科省に照会し調査内容へ意見!その後に文科省が修正!? 文科省「修正はあくまでも文部科学省の主体的判断」~教育現場不当介入問題 野党合同ヒアリング 2018.3.20

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415406

※問い合わせに何も答えず隠蔽?忖度?教育が不当な支配にあってはならない――野党議員らが文部科学省よりヒアリング ~第2回 教育現場不当介入問題 野党合同ヒアリング 2018.3.19

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415316

※前川喜平氏を講師として招いた名古屋市立の中学校に文科省が不当に介入!? 今井雅人衆議院議員「(前川氏を)悪者と決めつけてやっている」!教育現場介入問題 野党合同ヒアリング 2018.3.16

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415042

※前川前事務次官への圧力問題 文科省をはねつけた市教委の神対応に称賛の声(アエラ、2018.3.16)

https://dot.asahi.com/dot/2018031600071.html

 戦後の教育はすべて自治体に任されて来ました。例えば、京都市と鹿児島市では教育内容が違って当然だし、鹿児島市の夏休みが1週間しかなくても文科省がとやかく言うことはありませんでした。

 前川氏への圧力問題について、寺脇氏は「現役の文部官僚が匿名ながらも大勢、新聞などでコメントしており、100人いたら100人がおかしいと考える問題だ。職員がマスコミ(NHK)にリークして発覚したことがせめてもの救い」と事態の異常さを強調しました。

 職員による内部告発は自衛隊の南スーダン日報問題でも防衛省から行われましたが、「今のところ文科省と防衛省だけ。その他の省庁ではどうなっているのか?」と疑問を呈しました。

 さらに寺脇氏は、今回の問題で現場が一番困る点は「日本中の学校や教育委員会が文科省を信用しなくなる、というか文科省から信用されていないと彼らが感じるようになることだ」と指摘しました。

 来週から新年度が始まってしまいますが、寺脇氏は「せめて今週中に『やり過ぎでした』と謝罪し、最低限『こんな下品なことはもうしません』とでも約束しない限り、今後の教育は相互不信の中で行われることになる」と林芳正文科相に早急な対応を要望しています。

 2018年度から小学校、19年度には中学校で道徳の教科化が始まります。また、20年度から小学校、21年度に中学校、22年度に高校の学習指導要領が改訂される予定であり、寺脇氏は「この時期に文科省と学校の間で信頼関係が失われるととんでもないことになる」と深刻に受け止めています。

 この京都で行われた寺脇氏の講演の動画に昨日テキストをつけました。

※元文部官僚の寺脇研氏が講演で、前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は『戦後初めて』!国家の教育介入に危機感を表明! 2018.3.26

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415985

 本日20時よりこちらを再配信いたしますので、ぜひご覧下さい!

——————-
【タイムリー再配信 135・Ch5】20:00~「元文部官僚の寺脇研 京都造形芸術大教授が安倍政権下で浮き足立つ霞が関の実態を暴露!前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は『戦後初めて』!?国家の教育介入に危機感を表明!」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5
——————-

■昨日、「岩上安身のIWJ特報!」の第365号から368号を発行しました!特報3月号は「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」~加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)です!

 昨日、「岩上安身のIWJ特報!」の第365号から第368号までを発行しました!3月号は、加計学園問題の告発で一躍時の人となった前川喜平・前文科事務次官インタビュー(前編)です。

 第365号から第368号では、前川氏が、今日の日本の教育行政が戦前から抱えている問題を鋭く指摘し、さらに話は、日本が近代へと転換していく中で生まれた学校制度にまで及ぶ場面も。現在の日本の教育と、戦前、国家のために「臣民」を生み出すこととなったかつての教育が、いったいどのような関係にあるというのでしょうか。

 「国家的規模でマインドコントロールが行われていた」と、戦前の日本を厳しく批判する前川氏によれば、今の日本は、「カルトの教義のようなもの」を復活させようとしているといいます。「カルトの教義」とは、「国家神道」の教義に他なりません。昨年の国会で、国家に忠実な「臣民」を生み出す上で重要な役割を果たした「教育勅語」や、アドルフ・ヒトラーが獄中で著した「我が闘争」を、教材として使用することを否定しない閣議決定がなされたことを思い起こせば、今の日本の教育が、すでに「カルトの教義」に近づきつつあるとはっきりと感じられるでしょう。

 特報3月号は、歪められつつある日本の教育行政についてはもちろん、前川氏の生い立ちや意外な過去まで、様々な話題を取り上げています。詳細をお読みになりたい方はぜひ、「まぐまぐ」にご登録の上、特報をご購読ください!

※「岩上安身のIWJ特報!」ご購読はこちらから(月額864円、初月無料)

http://www.mag2.com/m/0001334810.html

 またIWJのサポート会員にご登録いただくと、IWJのサイト上で、特報を無料でお読みいただけます。ぜひ、この機会にIWJのサポート会員へのご登録をご検討ください!

※サポート会員へのご登録はこちらから。

https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

※【第364号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」~加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(前編)(その1) 2018.3.30

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416493

■お詫びと訂正

 2018年3月29日発行の日刊ガイドNo.2023号と、翌30日発行の日刊ガイドNo.2024号で、記事と語句に誤りがありました。

No.2023号
誤:2013年度の目標値として原発比率を20%~22%に設定しています。

正:2030年度の目標値として原発比率を20%~22%に設定しています。

No.2024号
誤:他党で3人(生活社ネット・山内れい子議員、日本維新の会・やながせ裕文議員、立憲民  主・西沢けいた議員)

正:他党で3人(生活者ネット・山内れい子議員、日本維新の会・やながせ裕文議員、立憲民  主・西沢けいた議員)

以上、訂正してお詫びいたします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆中継番組表◆

**2018.4.1 Sun.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【ツイキャス・IWJ_KYOTO1】13:00~「京都府知事選 福山和人候補 街頭演説 ―応援弁士:内田樹氏(神戸女学院大学名誉教授)、岡野八代氏(同志社大学大学院教授)」
視聴URL: http://twitcasting.tv/iwj_kyoto1

  京都府知事選 福山和人候補 街頭演説の模様を中継します。
——————-

【IWJ_HYOGO1】14:00~「若手弁護士『あすわか』兵庫劇団有志による寸劇と吉田維一弁護士による講演 九条の会.ひがしなだ憲法学習会」
視聴URL: http://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=hyogo1

  「九条の会.ひがしなだ」主催により開催される憲法学習会を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 135・Ch5】20:00~「元文部官僚の寺脇研 京都造形芸術大教授が安倍政権下で浮き足立つ霞が関の実態を暴露!前川喜平氏の授業に文科省が問い合わせた問題は『戦後初めて』!?国家の教育介入に危機感を表明!」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=5

 3月26日収録の「第20回左京フォーラム 寺脇研さん来たる!日本が目指すべき教育の理想 ―『忖度』官僚行政に切り込む」を再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/415985

============

◆中継番組表◆

**2018.4.2 Mon.**

 あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。

【Ch2】17:00~「東京電力 定例会見」
視聴URL: https://iwj.co.jp/channels/main/channel.php?CN=2

 東京電力による記者会見を中継します。
——————-

【タイムリー再配信 136・IWJ_Youtube live】20:00~「種子法廃止を決めた規制改革推進会議は『外資の要求受け入れ窓口』!? 米国のTPP復帰はどうなる!? 岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビュー」
YouTube視聴URL: https://www.youtube.com/user/IWJMovie/videos?shelf_id=4&view=2&sort=dd&live_view=501
ツイキャス視聴URL: http://twitcasting.tv/iwakamiyasumi

 2月12日収録の岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビューを再配信します。
[記事URL] https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412020

============

◆中継番組表◆

これ以降の予定で決定しているものは、以下のカレンダーよりご覧いただけます。あわせてご確認ください。

→「配信カレンダー」 https://iwj.co.jp/channels/main/calendar.html
(あくまで予定ですので、変更、中止、追加などがある場合があります。また電波状況によっては、安定した中継ができない場合もございますので、ご了承ください。)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◆昨日アップした記事はこちらです◆

財務省はまだ隠蔽!? 添付のはずの「本省相談メモ」について「決裁文書になるかは見てみないとわかりません」!? 野党議員らは未開示理由を徹底追及!〜「森友文書」改竄問題 野党合同ヒアリング

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416359

森友・加計問題で安倍政権に幕引きだ!壊憲発議と国民投票制度の欠陥とは!? 巨大広告代理店「電通」が果たす役割が極めて大きい!? その実態とは!?~ 市民が変える日本の政治オールジャパン学習会

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416441

佐川宣寿前理財局長の証人喚問に不満爆発!過剰警備の官邸前で1万3000人が森友公文書改竄に対し大規模抗議~安倍昭恵氏、迫田英典元理財局長、今井尚哉秘書官らの証人喚問を求める声多数!

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416459

迷惑防止条例でIWJが直撃!「違憲性について国会議論を検討する」〜立民・枝野幸男代表が憤り!「麻生大臣は地位を引くべき」「放送法改悪を本当にやるなら安保法以上の大対決法案に」

https://iwj.co.jp/wj/open/archives/416438

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 それでは今日も1日、よろしくお願いします!

IWJ編集部(岩上安身、城石裕幸、川上正晃)

IWJ 株式会社インディペンデント・ウェブ・ジャーナル
岩上安身サポーターズクラブ事務局
公式サイト 【 http://iwj.co.jp/


Comments are closed.