大量監視に積極的な日本の背後には米国の要求あり!? 元CIAで元NSAのエドワード・スノーデン氏が指摘!~国連特別報告者で、共謀罪法案成立に懸念を表明したジョセフ・カナタチ氏らの講演も 2017.10.1

記事公開日:2017.11.13取材地: 動画

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。
→こちらから

 2017年10月1日(日)14時より東京都千代田区の学術総合センター 一橋記念講堂にて、自由人権協会JCLU 70周年記念シンポジウム『デジタル時代の監視とプライバシー ―市民によるコントロールのために(後編)』が開催された。ゲストに、ジョセフ・カナタチ氏(プライバシー権に関する国連特別報告者)、スティーブン・シャピロ 氏(弁護士)、出口かおり氏(JCLU会員・弁護士)が出席した。


【特別寄稿】安倍首相の「人道支援」発言とNGOの軍事利用 ―救援者、それともCIAスパイか―(米川正子 元UNHCR職員・立教大学特任准教授) 2015.3.25

記事公開日:2015.3.25 テキスト

邦人人質事件を受けて安倍首相が何度も「人道支援(の拡充)」発言を繰り返しましたが(編※a)、人道支援団体がCIAに情報収集のソースとして利用されていることは、前回の寄稿に触れました。

CIAは、情報収集だけでなく、一部のNGOを武器輸送の手段として利用していることはあまり知られていませんが(編※b)、実はあるハリウッド映画はCIAスパイと紛争(周辺)地域で働く人道援助団体の関係性について描き、論争を引き起こしたことがあります。


明らかにされた米政府のトップシークレット?!――ブッシュ政権による愛国者法で初めて起訴、投獄され、拷問を受けた元CIA協力者スーザン・リンダウア氏に岩上安身が聞く 2010.9.5

記事公開日:2010.9.5取材地: テキスト動画独自

※2015年3月3日テキストを更新しました。

 9.11同時多発テロ直後にブッシュ政権が成立させた『愛国者法』により、初めて起訴、投獄され、不起訴で釈放されたスーザン・リンダウア氏は、1963年、アメリカ、アラスカの裕福な家庭に生まれ、はとこにブッシュ大統領の主席補佐官、アンドリュー・カード氏を持つ。

 国際政策を勉強後、ジャーナリスト、議員秘書などを務めた。CIAの無給民間協力者(アセット)として働くうち、アメリカ政府に疑義を感じ始めたリンダウア氏は、2003年、カード首席補佐官にイラク戦争中止を訴え、翌年3月に逮捕、収監。虐待や拷問を受けた。