2013/06/25 子ども被災者支援法、実は骨抜きにされている!?―OurPlanetTV 白石草氏が語る ~FoEぜみなーる「なぜ実施されないの?子ども・被災者支援法」  

記事公開日:2013.6.25
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「復興庁において、子ども被災者支援法に関する会議は一度も開かれていない」―。非営利メディアであるOurPlanetTV代表の白石草氏が、復興庁への取材で明らかにした。

 2012年6月27日に「子ども被災者支援法」が施行されてから、ほぼ1年が経過した。しかしその間、復興庁で議論は行われておらず、同法を根拠とした具体的な方針、施策などは全く決められていない。

 冒頭、国際環境NGOのFoE Japanに所属する渡辺氏は、「子ども被災者支援法」の概要を説明した。同法第3条には、「国は、(中略)被災者生活支援等施策を総合的に策定し、及び実施する責務を有する」と、国の社会的責任が明記されている。他にも、人々の居住・避難・帰還を選択する権利の尊重や、同法第12条では、「放射線による健康への影響に関する調査、医療の提供」など、健康への影響を未然に防ぐ策を講じることが明記されている。

 しかし、同法の適用範囲である「支援対象地域」は依然として決まっておらず、同法に根ざした被災者支援は、宙に浮いたままだ。

 今年3月15日、復興庁から「被災者支援パッケージ」なるものが発表された。白石氏は、「復興庁は、このパッケージを『子ども被災者支援法よりも幅広い施策』として認識している」と語り、「中身をみると、いかにも素晴らしいことに取り組んでいるようにみえるが、そうではない。生活習慣病対策だったり、高校無償化、高校の授業料減免など、無関係な項目が多く盛り込まれている」と、およそ「被災者支援」の体をなしていないことを批判した。(IWJ・須原拓磨)

■講師
 白石草氏(独立メディアOurPlanetTV代表、一橋大学客員准教授)
■内容
 「子ども被災者支援法」隠しの理由とは?
 「子ども被災者支援法」はなぜ知られていないのか?
 骨抜きを仕組む官僚たち+監視しないメディア
 ビデオ映像+白石さんのトーク+質疑など
■主催
 FoE Japan
■詳細
 http://www.foejapan.org/energy/evt/130625.html

このアーカイブの完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です