岩上安身による松木謙公議員インタビュー。民主党は凄い悪者を作り攻撃して政権浮揚に結び付けようとした『日本をダメにしたこの民主党議員たち』 2011.10.28

記事公開日:2011.10.28取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2011年10月28日に行われた、松木謙公衆議院議員のインタビューの模様。松木氏は2011年6月 菅内閣不信任決議案に賛成し、民主党から除籍処分を受けた。

 著書 『日本をダメにした この民主党の議員たち』 の話を中心に、小沢一郎議員をはじめとする民主党議員について、またTPPの問題についてなど多岐にわたってお話をうかがった。

■ハイライト

【以下、全文書き起こし】

岩上「皆さんこんにちは、ジャーナリストの岩上安身です。今、私は松木謙公(*)さん、衆議院議員の松木謙公さんの事務所にお邪魔しております。4時からスタートすべく、待機をしていたのですが、秘書の方が松木謙公議員のホームページでも告知をしたいという事で、URLをお伝えしていたりとかしていまして、若干、時間が過ぎております。しかし、皆様がお待ちだろうと思いますので配信を開始し致しました。松木さんの事務所の方は… 松木先生、ご本人はわからないですけど… 生中継という事をご存知ではなかったそうで、というよりも生中継できるという事を知らなかったそうで、Ustreamという言葉も知らなかったそうです。今、『インターネット上で録画された物が、流れるものだ』と、思っていたという事が判明しました。マイクありがとうございます。よろしくお願い致します。

 すみません、ご登場いただく前に、前説をしておりました。という事で、衆議院議員、松木謙公先生の事務所にお邪魔しておりまして、これから松木謙公さんにお話を伺いたいと思います。どうぞよろしくお願いします。昨日はたまたま、パーティーという事で、私も少しご挨拶に伺わせていただきました」

(*)松木兼公(松木けんこう公式サイトプロフィールより) 生年月日 昭和34年2月22日、出身地 北海道札幌市北区、出身校 札幌光星高等学校、青山学院大学
[経歴]
昭和53年 青山学院大学入学と同時に衆議院藤波孝生秘書になる
平成6年 国会議員政策秘書資格取得
(中省略)
平成21年9月 第45回衆議院議員選挙において小選挙区により三期目の当選
平成22年9月 農林水産大臣政務官を就任
平成23年2月 菅総理のマニフェスト無視、TPP参加問題等で農林水産大臣政務官を辞任

平成23年6月 菅内閣不信任決議案賛成して民主党を除籍、無所属となる。
平成24年1月 新党大地・真民主結党 代表代行兼幹事長に就任。

松木「本当にすみませんね」

岩上「盛大で凄く盛況でしたね」

松木「そうですね。『政党助成金もなくなっただろうし、何とかしてやろう』という気持ちが、みんなにあったのではないでしょうかね。本当にありがたいですね」

岩上「だからご挨拶の所で、『今、私は民主党議員じゃないけど』と、おっしゃった時に、『あっ、そう言えば』…と、正直に言えばそんな感じでしたね。処分の事とか、今のお立場の事とか、すっかり忘れていました。でも、松木さんの何て言うんでしょうか。例えば、同志を思う気持ちとか、党を思う気持ちとか、それから、師と仰ぐと言っても良いいのでしょうか、小沢さんやお仲間を思う気持ちとかですね、そういう気持ちみたいなものが凄く前に出ていて…」

松木「ありがとうございました」

岩上「ただ、『一匹狼で』というのとは、全く違う様相でしたけど」

松木「100人ぐらい、議員さんも来てくれていましたんでね」

岩上「来られていましたね。いろいろな事がありまして、今、松木さんは民主党から離れているという事で… そういう事もありますね。私自身も叱られるような事件(*注)を、最近、起こしたばっかりで」

(*注)「私自身も叱られるような事件」とは、下記のことを指していると思われる。 (ニコニコニュースより)
「ルール破り」読売記者にフリージャーナリストら詰め寄る 小沢元代表会見で「場外乱闘」
2011年10月20日(木)18時33分配信
自由報道協会が主催する小沢一郎元民主党代表の記者会見が2011年10月20日、都内でおこなわれた。この会見では、読売新聞の記者が司会者の制止に応じず質問を繰り返すなどの「ルール破り」をしたため、会見終了後、フリージャーナリストの上杉隆氏、岩上安身氏らがこの記者に詰め寄る一幕があった。

松木「そうなんですか。知らなかった」

岩上「昨日、次々にいろんな議員の方に、『にぎやかな事やってますね。見ましたよ』と言われました。少し読売の記者と言い合いをしまして…」

松木「あの自由報道協会で…」

岩上「そうです。正に小沢さんが自由報道協会に来た日です。小沢さんが来た日に、読売の記者が被せるような質問をして、ルールに違反していたので、『ルール違反だぞ』と注意をしたんです。そして、記者会見が終わった後にも注意をしようと思ったら、『何が悪い』という話になって、言い合いがどんどんヒートアップしていって… 」

松木「少しは言った方が良いですよ。大きな所に負けないぞと」

岩上「いやいや、それはそうなんですけど、物は言いようというか、言い方と言いますか…。

 松木さんの書かれた、 “日本をダメにしたこの民主党議員たち”(*)という本があるのですが、面白いですから、ぜひ、皆さんお読みになっていただければと思います。日本文芸社から出ているんですが、こちらの本でも思いっきり、腹の中をぶちまけていらっしゃる」

(*)“日本をダメにしたこの民主党議員たち”(Amazon.co.jpより)
松木 謙公 (著)、単行本: 240ページ、出版社: 日本文芸社 (2011/9/29)
内容(「BOOK」データベースより)
政権交代を無にした戦犯はこいつらだ!常にブレずに菅政権を否定してきた著者が、政権交代の「原点」への回帰を訴える!政治評論家・有馬晴海氏との特別対談収録。

松木「そんな事はないんですよ。これでも随分遠慮して書いているんです」

岩上「遠慮しているんですか。『ぶん殴ってやろうか』というような、記述が山のように出てくるんですけど」

松木「本当は、僕は“民主党”という言葉よりも、『政権交代を無にした戦犯は彼らだ』というような、タイトルにしたかったんだけれども、日本文芸社の人達が、『これの方が売れる』という事で、押し切られてしまって。でも、“民主党議員たち”とは言えなかったような気もしますけどね」

岩上「昨日も、原口さんが“民主党A”という言葉を使っていました。要するに、民主党の中にAとBがあり、その中で正面から向ぶつかり合っているという事ですよね。私も報道をしながら、AとBという言い方が出るすいぶん前から、民主党というのは政権交代してからすぐに、何か全然別の政党という物が中に誕生してぶつかりあっているんではないか、そんなふうに見てきたんですけど」

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です