「原発推進の理由は、核兵器に転用できるプルトニウムを保持したいという『国家的欲望』にある」 ~岩上安身による小出裕章 京都大学原子炉実験所助教インタビュー 2012.11.29

記事公開日:2012.11.29取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年11月29日(木)、大阪府熊取町の京都大学原子炉実験所で、小出裕章氏へのインタビューが行われた。福島第一原発の現状から、投開票が間近に迫った衆院選、そして日米関係まで、話題は多岐に渡った。

■ハイライト

(テキストの続きは、サポート会員ページで)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です