石破4条件の「既存の大学・学部で対応困難」認定は内閣府の独断!? 文科省も農水省も関与を否定! 梓澤和幸弁護士「内閣法に違反する可能性ある」――民進党 加計学園疑惑調査チーム 2017.8.30

記事公開日:2017.9.2取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:大下由美)

※9月4日、テキストを追加しました。

 民進党の「加計学園疑惑調査チーム」は、精力的に内閣府や文部科学省などの官僚を招集して会合を開き、加計学園問題について厳しく追及を続けている。

 2017年8月30日(水)11時30分より、東京都千代田区の衆議院第一議員会館で行われた会合には、加計学園問題を法律的な観点から追及している「加計学園問題追及法律家ネットワーク」共同代表の梓澤和幸弁護士、中川重徳弁護士が参加し、両氏によるヒアリングが行われた。

 「加計学園問題追及法律家ネットワーク」は、2017年8月7日に、加計学園獣医学部新設の国家戦略特別区域法に基づく認定について「違法性がある」として、文部科学大臣に対する要望書、内閣総理大臣および地方創生大臣に対する質問状を提出している。

 IWJでは、この記者会見の模様を取材している。記事には、獣医学部を新設するためにクリアする必要がある「石破4条件」について解説し、「加計学園問題追及法律家ネットワーク」が、なぜ要望書や質問状を提出する決意に至ったか詳しく記しているので、ぜひあわせてご覧いただきたい。

 梓澤弁護士は「石破4条件は閣議決定。安倍内閣総理大臣が特区認定をする時は規範的に石破4条件に拘束される。その規範に違反したものは違法」と前置きしながら「あの国家戦略特区法による認定は無効なのでは?」という疑義が生じることを指摘し、行政法の権威を通して検証してほしいと参加者や報道陣に訴えた。

▲梓澤和幸弁護士

 また、梓澤弁護士は、文部科学省の設置審についても規範的に石破4条件に拘束されるものであると指摘。「今の既存の大学に、新たなライフサイエンスなどの需要に対応できるか、人員を増やすことができるかのヒアリングはいっさい行われていない!」と喝破した。

 中川弁護士は、「現在明らかになっている事実に基づく限り、安倍内閣総理大臣の『認定』は違法・無効である疑いが濃厚。このまま10月に文部科学大臣が設置の認可をすれば、それも違法・無効とならざるを得ない」と述べ、「行政は法律と憲法に基づいてなされるからこそ意味がある」と締めくくった。

 梓澤弁護士には、9月20日(水)に、岩上安身がインタビューを行う予定である。詳細は追って告知させていただくので、今しばらくお待ちいただきたい。

 またこれに先立ち、梓澤弁護士は8月に新著「改憲 どう考える緊急事態条項・九条自衛隊明記 ありふれた日常と共存する独裁と戦争」を上梓されている。刊行にあたってTBS「報道特集」キャスターの金平茂紀氏が寄せた「個人よりも国家を、自由よりも秩序を愛でる〈彼ら〉が、見よ、今、私たちの憲法を殺そうと突進している」という推薦文には、戦慄が走る。

 戦争状態は、ある朝突然切り替わるものではなく、副題にあるように、一見何気ない日常の中で、徐々に侵食するように始まり、気づいた時には後戻りができなくなっているものだ。しかし今ならまだ、私たちは〈彼ら〉によって憲法とともに殺されないために声をあげられる。このことを、後戻りができなくなるその前に、多くの方々に知っていただきたい。

  • 「改憲 どう考える緊急事態条項・九条自衛隊明記 ありふれた日常と共存する独裁と戦争」

 改憲と緊急事態条項の危険性について、IWJでは他のメディアに先駆けて、その危険性を訴え続けてきた。下記の「前夜 日本国憲法と自民党改憲案を読み解く」では、岩上安身が自民党改憲草案の問題について、梓澤弁護士、澤藤統一郎弁護士とともに鼎談を行い、徹底的に読み解いている。こちらもぜひ、お手にとっていただきたい。

 また「加計学園」問題をめぐっては、岩上安身が市民運動家や国会議員、有識者にインタビューを行っているので、ぜひ、こちらもあわせてご視聴いただきたい。

■ハイライト

  • 講師 梓澤和幸氏(弁護士・加計学園問題追及法律家ネットワーク共同代表)/中川重徳氏(弁護士・加計学園問題追及法律家ネットワーク共同代表)
  • 日時 2017年8月30日(水) 11:30~
  • 場所 衆議院第1議員会館(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です