「放射能汚染防止法」を制定しよう HKB47市民勉強会 IN 岡山2017 ―講師 大沼淳一氏(原子力市民委員会)ほか 2017.6.25

記事公開日:2017.6.25取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年6月25日(日)14時より、岡山コンベンションセンター(岡山市北区)で「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会主催による「『放射能汚染防止法』を制定しよう HKB47市民勉強会 IN 岡山2017」が開かれた。原子力市民委員会委員・大沼淳一氏が「ばら撒かれる放射能の実態と危険性」と題し講演したほか、放射性物質を公害として捉えた法の制定をめざして報告・パネルディスカッションが行われた。

■全編動画

  • 報告 杉原宏喜氏(おのみち―測定依頼所―)「原発事故対策に関する自治体への『質問書』提出」
  • 講演 大沼淳一氏(原子力市民委員会委員、元愛知県環境調査センター主任研究員)「ばら撒かれる放射能の実態と危険性」
  • パネルディスカッション「放射能汚染防止法制定を目指す戦略」
    パネリスト 大沼淳一氏/山本行雄氏(弁護士、札幌弁護士会)/満田夏花氏 (FoE Japan)/守田敏也氏(フリーライター)/佐藤典子氏(「放射能汚染防止法」を制定する札幌市民の会)
  • 話 上野正美氏(ふくしまいせしまの会)/質疑応答/伊方原発運転差止広島裁判原告団から 哲野イサク氏
  • タイトル 「放射能汚染防止法」を制定しよう ―大沼淳一氏(原子力市民委員会)講演会 HKB47市民勉強会 IN 岡山2017
  • 日時 2017年6月25日(日)14:00〜18:00
  • 場所 岡山コンベンションセンター(岡山市北区)
  • 主催 「放射能汚染防止法」を制定する岡山の会詳細、Facebook)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です