「共謀罪」国会を中継しないNHKにOB・OGから憤りの声! 「NHKニュースだけ観ていても安倍政権の実態がわからない」~元NHKディレクター・池田恵理子氏が語るメディアの「アベチャンネル化」 2017.5.29

記事公開日:2017.5.29 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:城石エマ)

 森友学園疑惑、加計学園疑惑、「共謀罪」法案の衆院強行採決――止まらない安倍政権の暴走で、はっきりとした問題がある。マスコミによる「報道犯罪」のひどさだ。

 2017年5月19日、野党の抵抗も、一般市民の反対の声も意に介さず、政府・与党と日本維新の会は「共謀罪」法案の強行採決に踏み切った。政府・与党がこの日、「共謀罪」法案の強行採決に踏み切るであろうことは、数日前から指摘されていたことだった。

 しかしこの日、NHKは国会審議を中継しなかった。さらに、5月23日の衆議院本会議での強行採決も、国会中継を行わなかった。

 これには、SNS上でも非難が殺到した。「NHKは国会中継をして、国民に審議内容を逐一伝えるべき」「NHKは『アベチャンネル』!」――。

 「公共放送」の看板にはもはや偽りしかないと言うべきNHKの報道姿勢に対し、誰よりも大きな声で憤りを訴えているのが、ほかでもない、NHKを退職したOB・OGたちだ。

 IWJは5月27日、元NHKディレクターで、「慰安婦」問題に取り組む、アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)館長の池田恵理子氏にお話をうかがった。池田氏は、NHKが「共謀罪」法案の国会審議を中継しなかったことに憤りを覚え、NHKに抗議の電話をしたという。

 IWJが池田氏に、今のNHKやマスコミ報道に対する思いをお訊きすると、池田氏は、NHKの放送姿勢を「言論統制の一種」だと批判し、次のように語った。

 「NHKだけを観ていると『共謀罪』の恐ろしさも、それを強引に推し進めようとする政権の酷さも見えないようになっている。こういう情報操作の積み重ねが、国民を『マインドコントロール』することにつながるのです」

 NHK幹部はぜひ、OB・OGの忠告に耳を傾けてほしい。

▲アクティブ・ミュージアム 「女たちの戦争と平和資料館」(wam)館長の池田恵理子氏(2017年1月18日 東京都新宿区・wamにて撮影)

 NHK報道の問題については、岩上安身が元NHKプロデューサーの永田浩三氏にお話をおうかがいしている。ぜひ、こちらもあわせてご視聴いただきたい。

政権のボロを隠すため? 重要な国会審議を中継せずにニュースで「オブラートに包む」NHK報道にOGから怒りの声!

 「このところ、特に、安倍政権の横暴さは、集団的自衛権行使容認から安保法制、今回の共謀罪にいたるまで、あまりにもひどすぎる。ひどすぎるのに、NHKも従順に安倍政権に同調しているわけですよね。それが露骨に見え隠れする」

 池田氏は開口一番にそう述べ、古巣のNHKに対する怒りを露わにした。

 2010年に定年退職するまで、NHKで家庭・教養番組ディレクターなどを務めた池田氏は、1991年から1996年までにETV特集などで「慰安婦」問題で合計8本の番組を作り世に送り出した。「慰安婦」問題を世に知らしめた功労者と言うべき存在だ。

 その池田氏は退職後、退職者の仲間とともに、籾井勝人前会長の辞任を求めるデモや、NHKへの申し入れ、街宣車で職員に向けて呼びかけをするなど、活発な「NHK批判」を展開してきた。

 今回、NHKが「共謀罪」法案の国会中継をしないと知った池田氏は、すぐさまNHKに抗議の電話を入れたという。

 「抗議電話をすると、だいたい担当者が『いやあ、三原則(※)がありまして』などとゴニョゴニョ言います。今回の衆院本会議や衆院法務委員会、こんな大事な争点をめぐる審議を中継せず、最終的にニュースでちょこっとだけ取り上げる。視聴者に不快感や疑問を抱かせるような政府・与党や首相の傍若無人な醜態は見せないで、うまくオブラートに包んでしまう意図が明らか。中継をすれば、その部分が全部見えてしまうわけです。あまりにも腹が立つので電話してしまいます」

NHKの「国会審議中継三原則」は以下の通り。
(1)衆参本会議の施政方針演説などの政府演説とそれに関する各党の代表質問
(2)衆参予算委員会の基本的な質疑の中で、各会派の一巡目の質疑
(3)その他、中継担当者が総合的に「必要」と判断したもの

NHK内部は「監視・密告社会化」!? 職員同士が互いに監視

 「NHKの中での自主規制は常にあり続けてきたもので、今に始まったわけではない」と前置きしつつ、池田氏の口調は重くなった。

 「しかし、後輩たちの話を聞くと、私がいた頃とは(自主規制は)比べ物にならないという感じを受けます。その度合はひどくなってきている」

 池田氏の語る「今のNHKのひどさ」は、想像をはるかに超えるものだ。

 「『内部民主主義』は完全になくなってしまっています。内部通報制度のようなものがあって、職員同士がお互いに監視し合い、外部とつながっているとか、外部に自分の意見をもらしているとかをリークする。(そういうことは)昔からありましたけど、かなり極端に増えている。

 現役の親しい後輩たちと話をするときも、なるべくNHKのある渋谷では飲まないようにして、メールも個人メールでやりとりします。NHKのサーバーのもとにあるメールアドレスだと、どう管理されているかわかりませんから、そこではなるべく連絡を取らないようにしています」

 それだけではない。職員がNHK外部に文章を掲載するような場合、たとえ休暇にプライベートで書く時も、かつては上司に「伺書」を提出するだけだったのが、最近では送稿する前に一回は原稿を管理職が検閲するという。

 「共謀罪」によって懸念される「監視社会」や「密告社会」が、すでにNHKの内部では当然のことになっているようだ。

「NHKで進行していることは、何年遅れかで、他のメディアでも同じようになる」――「慰安婦」報道が裏づけるNHKの波及効果

 しかし恐ろしいのは、NHKのこうした過度の「自主規制」や「政権への忖度」が、今やNHKだけにとどまらないところだという。

 池田氏は、次のように述べる。

 「NHKで進行していることは、何年遅れかで、他のメディアでも同じようになるんです。やがて、社会一般で当たり前になっていく。NHKの悪しき慣習や自己規制が、日本社会一般より早めに始まって、ひとつのモデルみたいになって世の中がついてくる、という実感を体験上もっています。NHKの先行ぶりは怖いと思っているんです」

 池田氏が「実感」として語るのは、在職中に携わった「慰安婦」問題の報道をめぐる、NHKの自主規制とその後の各社の報道姿勢だ。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事


“「共謀罪」国会を中継しないNHKにOB・OGから憤りの声! 「NHKニュースだけ観ていても安倍政権の実態がわからない」~元NHKディレクター・池田恵理子氏が語るメディアの「アベチャンネル化」” への 5 件のフィードバック

  1. 卑弥呼 より:

    マスコミ人達は、警察人達と似ていてゴロツイテいる人が、多いですよね?

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    池田氏「NHKだけを観ていると『共謀罪』の恐ろしさも、それを強引に推し進めようとする政権の酷さも見えないようになっている。こういう情報操作の積み重ねが、国民を『マインドコントロール』することにつながる」
    http://iwj.co.jp/wj/open/archives/380966 … @iwakamiyasumi
    https://twitter.com/55kurosuke/status/869373113972150273

  3. 叫ぶ詩人の会 より:

    すでにマスコミ各社に、情報統制が行われている証拠。

    更には口封じのために、マスコミ各社あの手この手で抑え込み。

    圧力。規制緩和。受信料裁判の逆転。。。

    すでに戦前同様、マスコミは戦争へ加担していく序章の始まり。

    このコメントを消されたら、ほぼ上記の事は確定といえるだろう。

    中曽根も転がされたし。

    しれーっと、共謀罪法案通過させるなんて、政府、首相は、酷すぎる。

  4. 叫ぶ詩人の会 より:

    しれーっと、共謀罪法案通過させようなんて、政府、首相は、あまりにも酷すぎる。

    テロが起こってもいいなんて、普通の人なら思うわけもない。
    要は、テロを行う人の情報を未然におさえ、かつその人たちを抑えられるようにする為に、
    共謀罪は、何でも理由を付けてしまえば、
    国民の情報は、スマホ、パソコン、SNSから 情報は政府にダダ漏れ。監視状態。
    下手すれば、手紙、宅配便、家宅捜索、またその家族親戚知人に至る全ての情報も強硬に入手するという事。

    国民には理解を得られない説明しかせず、
    以前、金田法務大臣が失言した、説明抜きで通しちゃえというまんまを実行しようとしている。
    この、法案を通そうとするやり方、体質体制が、あまりにも酷すぎる。
    このやり方は、危険極まりないから苦言を呈しているのである。

    マスコミ各社には、報道の情報統制が行われているのであろう。
    番組内容が、バラエティー番組や食べ物ネタなどが多く、
    あまりにも最近
    政治の動きや、国がどんなことを取り上げているのかといった番組を取り上げなさすぎる。
    キャスターの表情にも、後ろめたさが感じられるのは、私だけではないだろう。

    森友、加計学園の問題や、小池百合子ネタで、国民の視線をそむけさせたり。。。
    口封じのためには、マスコミ各社にあの手この手で抑え込み。
    圧力。規制緩和。受信料裁判の逆転。記者によるレイプ事件の隠ぺい。。。
    そう思われても、致し方ない状況ではないか。

    そしてマスコミへの情報統制からの、特定秘密保護法、集団的自衛権、共謀罪、治安維持法、憲法改正。
    戦前同様、マスコミ始め、学者やコメンテーターなどは政府加担の御用学者となり。
    中曽根も憲法改正賛成にかつがれちゃったし。
    前川事務次官の奥さんは、中曽根さん家の出身だし。どこまでが、、、なのか。。。
    暗黒時代の序章の始まり。

    過去の失敗を二度と起こしてはならない!
    マスメディア、ジャーナリストよ!矜持を!

    このコメントも消されるかも。
    前には別のとこでアカウント自体を消されたが。。。

  5. Sung-Gi Kim より:

    私はNZ在住ですので、日本の放送はNHKしか視聴できませんが、安倍戦争したい政権になってからのNHKの報道は、どんどん悪質になっていて、重要なニュースを放映せず、ひたすら北朝鮮バッシングのニュースか三面記事的なニュースを流して、視聴者の関心を、安倍戦争したい内閣のやくざ的政治からそらすように仕向けているように見え、とても公共放送とは思えません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です