控訴棄却!!「市民が政治・選挙に関わることを潰す地ならし!?」~「未必の故意による黙示的共謀!?」静岡市長選公選法違反被告事件控訴審判決後の記者会見 2017.5.18

記事公開日:2017.5.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年5月18日(木)、東京都千代田区の東京・霞が関 司法記者クラブにて、静岡市長選公選法違反被告事件 控訴審判決後の記者会見が開かれ、斎藤まさし氏(酒井剛、被告人)、小川秀世氏(主任弁護人、袴田事件弁護団事務局長)、平岡秀夫氏(弁護人、元法務大臣)、酒田芳人氏(弁護人)、山本太郎議員(選挙干渉裁判チェックの会共同代表)らが会見に出席した。

■ハイライト

  • 出席者 斎藤まさし氏(酒井剛、被告人)、小川秀世氏(主任弁護人、袴田事件弁護団事務局長)、平岡秀夫氏(弁護人、元法務大臣)、酒田芳人氏(弁護人)、山本太郎議員(選挙干渉裁判チェックの会共同代表)
  • 日時 2017年5月18日(木) 11:00~
  • 場所 東京・霞が関 司法記者クラブ(東京都千代田区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“控訴棄却!!「市民が政治・選挙に関わることを潰す地ならし!?」~「未必の故意による黙示的共謀!?」静岡市長選公選法違反被告事件控訴審判決後の記者会見” への 2 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    控訴棄却!!「市民が政治・選挙に関わることを潰す地ならし!?」~「未必の故意による黙示的共謀!?」静岡市長選公選法違反被告事件控訴審判決後の記者会見 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/378922 … @iwakamiyasumi
    これは共謀罪の前倒し。司法は職務を放棄している。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/865110071184834560

  2. 河村大典 より:

    共謀罪が強行成立したことに、深い失望を感じる。共謀罪で得をするのは日米合同委員会でありその手先である検察権力ということがどうして解らないのだろうか。そして、言論の府である国会は単なるセレモニーの場である。
    国会は数の力が優先し、野党などいないも同然である。野党第一党の民進党は単なるアリバイ作りに利用されているのが解らないのか。デモをしても陳情書を提出しても今の政権は全く無視するだけである。やはり自公+維進の議員を選挙落とすしかないのだ。
    その為には、中野先生も言われる通りマスコミの忖度報道続く限り野党は勝てない。共産党は政党助成金を受け取りマスコミ対策につかって欲しいと願っています。また市民連合は報道キャラバン隊を結成して地方遊説を野党と共に直接有権者に謳えていくことが重要ではないでしょうか。
    私は福井ですがここでは安保法反対のデモも共謀罪に反対するデモも、またこの法案の趣旨の説明もほとんどありません。ようやく決まりそうになってから一般市民には関係が無いと報道されるくらいです。野党共闘の実績は安倍悪政を国民に知らせることから始まるのではないでしょうか。そこで誰を統一候補に立てるのかを決めて欲しい。なにも民進党が優先ではない。このような全国組織を作り会員を募るのなら、私は参加したいし会費も払いたい。声を出せないがそういった人はたくさんいるのです。その人達に希望を与えるような状況を作り選挙に行かせてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です