籠池氏が「真っ先に」相談したのは安倍昭恵夫人!? 安倍総理は自分の言葉に責任を持って辞任すべき!民進党・森友学園への国有地売却問題解明PTによる籠池泰典氏ヒアリング~「極右学校法人の闇」第70弾 2017.4.28

記事公開日:2017.4.28取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:青木浩文、文:林俊成)

特集 極右学校法人の闇
※5月4日、テキストを追加しました。

 森友学園問題が再び注目を集めている。

 2017年4月25日、森友学園の籠池夫妻と財務省の田村嘉啓・国有財産審理室長が面会した際に録音されたという音声データがテレビ朝日『報道ステーション』で公開されたためだ。

 その音声データには、籠池泰典氏がタムラと名乗る男性(以下、田村室長)に対し、「(近畿財務局の担当者が)有害物質が入っている土地を、もう『そのまま埋め戻してほしい』」と、打ち合わせ記録を示しながら迫る場面が記録されていた。

 同日午後には、日本共産党の宮本岳志衆議院議員が衆議院財務金融委員会で、その面会について佐川宣寿理財局長を追及していた。

 その際、佐川理財局長は「(打ち合わせの際に)業者に対して、産業廃棄物の場内処理を求める発言を行なったことはなかった」「(打ち合わせ記録について)持っているかどうかについては承知してございません」と答弁していた。

 この音声データは本物なのか?音声データと佐川理財局長の答弁、どちらが事実なのか(注)。

 2017年4月28日、衆議院第二議員会館にて、民進党・森友学園への国有地売却問題解明プロジェクトチームによる籠池泰典氏に対するヒアリングが開かれた。

 籠池氏はヒアリングの冒頭、準備してきた文書を読み上げ、問題となっている田村室長との面会に至るまでの経緯を説明。その中で、小学校の建設構想が具体的に始まった直後の2012年10月ごろ、昭恵夫人に「まず真っ先に、この構想についてご相談申し上げた」と述べた。

 さらに籠池氏は、昭恵夫人に財務省との交渉内容について適時報告していたこと、当時の財務省の担当だった前西氏に対して、交渉経緯を昭恵夫人に報告していると伝えていたことを述べ、昭恵夫人が交渉に関心を持っていることを財務省も認識していたと思うと語った。

 また籠池氏は、それまで定借契約に難色を示していた財務省が、2014年夏頃、突然契約に前向きになってくれた、なぜ財務省が突然態度を変えてくれたのかはわからないが、「あの録音データの中で、田村室長が言う『特例』と言うのは、このことを指していたのではないかと言うふうに考えております」と述べた。

 そして財務省との交渉の中で、「高い方は2700万、低い方は2100万」という具体的な金額の提示があり、低い方を希望したという経緯、そして、2014年末に近畿財務局から契約書のひな形が提示された際に、「このひな形どおり手続きを進めれば、土地取引はスムーズに動くであろうということを感じ」たことを述べた。

 籠池氏は、冒頭の挨拶を「私は私の承知しておりますところを包み隠さずお話し申し上げる所存であります。(中略)どうぞ、議員各位そしてメディアの皆さまも、この問題をうやむやにしないよう、しっかりと解明のほど、お願い申し上げたいと思います」と結び、質疑応答に移った。

 民進党の議員らからは、昭恵夫人と籠池夫妻の関係や、昭恵夫人の対応、8.2億円値引きの経緯について質問が集まった。また、加計学園との関係や大阪府の松井府知事らの関与についても質問が出た。

 以下、ヒアリング冒頭の籠池氏の発言の文字起こしと、質疑応答の要点を掲載する。

注)佐川理財局長は4月28日、田村室長本人に確認するよう求める日本共産党の宮本徹衆議院議員に対し、「どういうふうにでき上がったものなのか、承知しておりませんので、確認は控えさせていただきたい」と述べ、確認を拒否した。一方、4月30日に放送されたフジテレビ『ミスターサンデー』では、声紋鑑定の結果から「99%以上の確率で(田村室長と)同一人物と推定ができる」という専門家の意見が紹介された。

記事目次

■ハイライト

  • 森友学園問題について、籠池泰典氏(森友学園前理事長)よりヒアリング
  • その他
  • タイトル 民進党・森友学園への国有地売却問題解明PT ―森友学園問題について、籠池泰典氏(森友学園前理事長)よりヒアリングほか
  • 日時 2017年4月28日(金)10:30〜
  • 場所 衆議院第二議員会館(東京都千代田区
  • 主催 民進党詳細

昭恵夫人に状況を適時報告していた!? 昭恵夫人は『何かすることはありますか?』と述べた!?――籠池氏による挨拶全文!

籠池泰典氏(以下、籠池氏)「どうもみなさんこんにちは。貴重な時間を設けていただき、誠にありがとうございます。

 この度、思いもかけず、民進党の方々から、瑞穂の國記念小學院建設に伴う土地取引ならびに学校設置認可について説明せよと、要請をお受けしました。

 私といたしましては、証人喚問でも申し上げました通り、自分の反省すべきところは反省し、自分の承知しておりますことはできる限り、率直にお話を申し上げる方針には変わりありませんので、このご要請に応じてできうる限り、議員の皆様方のご要請に誠実にお答えいたしたいと考えております。

▲ヒアリングに応じる籠池泰典氏

 まず、昭恵夫人との関係につきましては、おそらく、議員の皆様方のご興味につきましては、先般明らかにいたしました、私と財務省の田村(嘉啓)室長との会話の録音テープであろうかと思います。まずは、あの会話に至るまでの経緯の概略を申し上げたいと思っております。

 瑞穂の國記念小学校の建設構想が具体的に走り出した直後の平成24年の10月ごろ、まず真っ先に、この構想についてご相談申し上げたのは、尊敬する安倍晋三首相のご夫人、安倍昭恵先生でございました。

 当時まだ、安倍晋三先生は自民党総裁に返り咲かれる前でしたので、安倍先生を応援するためにも、ぜひ当園にお越し頂き、ご講演をいただければと思い、安倍先生サイドと接触を図ったところ、安倍昭恵夫人とお会いすることができまして、その際、安倍晋三先生のご講演の依頼をすると同時に、小学校建設構想についてもお話し申し上げたということでございます。

 残念ながら、自民党総裁選挙等の影響で、安倍晋三先生のご講演は叶いませんでしたけれども、その後、平成25年9月に、財務省に対し『安倍晋三記念小学校』として土地取得要望書を提出するまでにも、安倍昭恵夫人にも小学校建設プロジェクトの進捗については適時、ご報告をいたしておりました。

 安倍晋三先生が総理に就任されたため、ご講演は叶わぬだろうと思っていましたところ、思いがけずに、安倍昭恵夫人からご講演を頂く運びとなりました。

 平成26年の3月、講演の最終的なご依頼のため、昭恵夫人と東京のホテルオークラでお会いすることになりまして、その席で、昭恵夫人から、小学校建設運動についてお話をし、『主人に伝えます』ということを言っていただき、さらには、『何かすることはありますか?』とまで言っていただき、嬉しかったことを記憶しております。

 この際、昭恵夫人は、安倍事務所の秘書の方を帯同されておりましたので、当時の昭恵夫人のスケジュール等に関しましては、安倍事務所の方がお詳しいかと存じます。

 平成26年の4月、塚本幼稚園に昭恵夫人がご講演賜った後、昭恵夫人を豊中野田の小学校建設用地にご案内申し上げました。この際、昭恵夫人が帯同されておられた秘書は、コウタケさんと記憶しております。

 昭恵夫人には小学校建設用地をご視察賜った際にも、当然のことながら、財務省との交渉についても、ご説明申し上げた次第でございます。

 その後、昭恵夫人には適時、財務省との交渉内容について、電話でご報告しておりました。

 当時私はあの土地を定期借地、定期契約にて借り受けたいと考えておりましたもんですから、その交渉のため、半月に1度、もうちょっと多かったかもしれないが、15日から10日間に1度は近畿財務局に出向いておりました。昭恵夫人にはこの交渉の都度、交渉の経緯などを報告申し上げておった次第であります。

 また、当時の財務省の担当者、前西さんには、当時から私が交渉経緯を昭恵夫人に報告していることをお伝えしておりましたので、財務省の方もこのことは当然、認識しているものと思われます

 それまで定借契約に難色を示しておりました財務省が、平成26年夏頃、突然定借での契約に前向きになってくれました

 なぜ財務省が突然態度を変えてくれたのか。私には知るよしもありませんが、あの録音データの中で、田村室長が言う『特例』と言うのは、このことを指していたのではないかと言うふうに考えております

 その後、財務省との賃料に関する値段交渉が始まり、財務省の統括官から、『値段にはストライクゾーンがあると。ストライクゾーンは上と下だ』と言う話があり、『高い方は2700万、低い方は2100万』という具体的な金額の提示がありましたので、『低い方にしてくれ』とお願いした経緯もございます。

 この定期借地に向けた契約交渉についても、適時、安倍昭恵夫人にはご報告申し上げておりました。

 平成26年末、近畿財務局がその後の契約書のひな形を一式揃えた文書を提示してくれました。このとき私は、このひな形どおり手続きを進めれば、土地取引はスムーズに動くであろうということを感じ、安堵いたしました

 しかし、翌年平成28年になりまして、建設予定地でゴミが大量に発見されるにおよび、このゴミの場内埋め戻しを財務省が建設業者に指示しているという話を聞くにおよんで、土地の値段のことよりも、工期の遅れ、ひいては開校の遅れが心配になり、近畿財務局の池田さんに頼み、財務省本省の田村室長の直通電話を教えていただき、アポイントを取ってお会いする運びになりました。

 今般問題となっている録音データはその様子を録音したものです。この会談のあとも、昭恵夫人には交渉の推移を適時報告しておりました。

 昭恵夫人に名誉校長にご就任いただいたのは、土地取引の交渉がまだ完全に終わる前でしたが、名誉校長就任後は、当然のことながら、業務の一環としてご報告を続けた次第でございます

▲名誉校長に就任した安倍昭恵氏(「瑞穂の國記念小學院」公式ホームページより、現在は削除済み)

 結びに変えまして、録音データの素性については概略以上の通りであります。

 冒頭にも申し上げましたように、私は私の承知しておりますところを包み隠さずお話し申し上げる所存であります。

 証人喚問で、維新の会の下地先生がおっしゃったように、大阪府にもたくさんのハシゴをかけていただきました。そのご恩に報いるためにも、答えられる限り誠実にお答え申し上げる所存であり、どうぞご遠慮なくご質問いただきたいというふうに思っております。

 どうぞ、議員各位そしてメディアの皆さまも、この問題をうやむやにしないよう、しっかりと解明のほど、お願い申し上げたいと思います。

 以上でございます」

以下、民進党の国会議員と籠池氏との質疑応答の要点を掲載する。

昭恵夫人の役割は?谷氏が籠池氏に文書化を求めた!? 加計学園と籠池氏をつないだのは昭恵夫人!?

――籠池氏の説明を聞いていると、昭恵夫人が今回の件で果たした役割というのは、コンサルタント的なものだったという印象を受けるが?

籠池氏:コンサルトということではなく、私の考えていることを説明し、それがどのような状態になっているのかということを知っていただいて、そして、そのことを通じて、色々と、各方面にわたって対応をしていただいていたのではないかと考えている。

――稲田防衛大臣に対する個人献金について、稲田大臣の収支報告書を元に献金者を調べ、何人かにヒアリングしたところ、「当時自分は、稲田大臣の後援会の役員を務めており、稲田大臣の方から献金してほしいという手紙がきたため、それに応じて献金した」と聞いた。籠池氏は後援会の役員を務めていたのか?

籠池氏:役員はやっていないが、8年ほど前、大阪の帝国ホテルで祝賀会を開き、麻生大臣が来た時に、麻生大臣のアテンド役をやらせていただいたことはある。

――昭恵夫人、あるいは夫人付きの谷査恵子氏に具体的に動いてもらったことは、FAXの件以外にもあるのか?

籠池氏:平成26年4月に、昭恵夫人に初めて講演に来てもらった時に、小学校建設用地に案内し、近畿財務局との交渉が難しく、なかなか進まないということを伝えた。そうすると、「何かすることはないですか?」ということだった。その時に具体的に何をというのは伝えておらず、中々進まないという現状と、早く工事を進めたいという要望を伝え、心に留めてもらった。そのあとも、難局に差し掛かった時に、電話で対応していた。また、家内からも連絡。女性同士で1〜2時間電話で話しており、その時に今の状況を伝えていた。

――昭恵夫人が名誉校長を辞めた時のことについて、退任の連絡が安倍事務所から来た、あるいは自民党の国会議員から来たという話があったが、事実なのか?

籠池氏:平成29年2月23日、安倍事務所の方から(名誉校長辞任の)FAXが届いた。私は当時、理財局長から「身を隠しておいてください」と言われており、身を隠していた日の昼過ぎ、ハツムラという秘書から連絡があり、強面の声で「おろせ」というふうなことを言われた。今日中に顔写真を全て外せということだったので、そのようにした。

 国会議員も来た。2月21日(注:19日の間違い?)に、豊中市選出の大塚高司・自民党国対副委員長と秘書の方が来た。その時は不在にしていたが翌日、秘書の方が来て、『昭恵夫人の写真を外してほしい』といわれたが、その時はできないという回答をして、帰ってもらった。

▲自民党・大塚高司衆議院議員(本人のホームページ)

――平成27年10月に留守番電話にメッセージを残し、後日、谷氏から連絡が来たと証言しているが、その経緯について詳しく教えてほしい。

籠池氏:外遊中の昭恵夫人に電話し、『急ぎますので』と(メッセージを)入れておいたところ、すぐに、谷氏から連絡をもらった。電話で用件を伝えたが、谷氏の方から『これは大切なことなので、きちんと文書にして出してほしい』と言われたので、書いて郵送した。

――昭恵夫人に報告・依頼をした時に、昭恵夫人の方から、「財務省の方に聞いてあげるわ」というようなことはなかったのか?

籠池氏:財務省に云々ということについては、具体的にはなかったが、なんというか、聞き置いて、それを全く聞いただけで無視をするというようなことではなかったように感じている

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“籠池氏が「真っ先に」相談したのは安倍昭恵夫人!? 安倍総理は自分の言葉に責任を持って辞任すべき!民進党・森友学園への国有地売却問題解明PTによる籠池泰典氏ヒアリング~「極右学校法人の闇」第70弾” への 1 件のフィードバック

  1. 清沢満之 より:

    先日、IWJにも登場された関 良基さんのブログでこんな記事が。

    【がんばれ籠池泰典! 山城屋和助になるな!】
    http://blog.goo.ne.jp/reforestation/e/f075d567528e80124e0dc3e62561e497

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です