【ツイ録】昭恵夫人付き名義のFAXめぐり国会紛糾!安倍総理「FAXの内容は『ゼロ回答』」「忖度がないのは明らか」 ”キーパーソン”迫田英典国税庁長官も初めて答弁~「極右学校法人の闇」第54弾! 2017.3.24

記事公開日:2017.3.24 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月24日(金)、国会の参議院予算委員会では森友学園への国有地売却問題をめぐって質疑が行われた。前日に行われた籠池泰典理事長の証人喚問に話題は集中。昭恵夫人付きの政府職員・谷査恵子氏(当時、経産相から内閣官房総務官室に出向中。現在は経産省で課長補佐を務めているという)から籠池氏側に送られたとされるFAXについて、野党側から次々と質問が飛んだ。

 この日の予算委員会には、売却交渉時に財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官、近畿財務局長だった武内良樹国際局長も参考人として初めて招致されたが、両者ともに「政治的配慮はしていない」と答弁し疑惑を否定した。

※3月24日(金)の実況ツイートを並べて掲載します。

 3月24日(金)9時より参議院予算委員会の模様を実況します。本日は迫田英典・国税庁長官らが参考人として招致されています。安倍総理も出席したうえで質疑が行われます。

▲自民党・西田昌司議員

自民党・西田昌司議員「安倍総理は昨日の証人喚問をどう見たか」

安倍総理「疑惑の深まっている3通の契約書について証言がなかった。100万円の寄付金は事実ではなく、まことに遺憾だ」

西田議員「総理夫人付きの方から籠池氏にFAXがあったと。これについて昭恵夫人がフェイスブックで否定している(※)。これは籠池氏の妻から夫人付きの谷さんに送った手紙に対する返事。したがって、昭恵夫人は何も関係がない話」

※3月23日、安倍昭恵夫人は自身のフェイスブックに「籠池さん側から、秘書に対して書面でお問い合わせいただいた件については、それについて回答する旨、当該秘書から報告をもらったことは覚えています。その時、籠池さん側に対し、要望に『沿うことはできない』と、お断りの回答をする内容であったと記憶しています。その内容について、私は関与しておりません」と記し、自身の関与を否定した。

安倍総理「妻がフェイスブックに書いている通り、土地の契約についてはまったく聞いていないと。その後に籠池氏の妻から昭恵付きの谷さんに問い合わせがきて、それを財務省に問い合わせたと」

西田議員「今日は当時の理財局長の迫田さんと近畿財務局長の武内さんに来てもらっている」

▲財務省・迫田英典氏(前理財局長)

迫田氏「私が理財局長当時、私はこの点について個別に報告を受けていない。私に対する政治家からの問い合わせは一切ない」

 続いて自民党・北村経夫議員が外交・安全保障関連の質問をした後、民進党・福山哲郎議員の質疑へ。

福山議員「はっきり言えるのは、籠池氏が偽証罪に問われる場で宣誓をしたうえで証言したこと。籠池氏ひとりを土俵に上げた状態。官房長官に聞きたい。昨日夕刻の会見で谷さんのFAXを配布しているが、これはどこから入手したのか?

▲民進党・福山哲郎議員

菅官房長官「夫人付きの谷さんから『こういうことをしていた』と報告を受けていた。FAXを入手していたのは1週間くらい前だったと思う

福山議員「森友問題に関する資料を財務省・国交省はことごとく廃棄したと。谷さんだけが持っていたということか

菅官房長官「谷さんだけかどうかは分からない。昭恵夫人のことについて聞き、そういう報告が返ってきたということだ」

福山議員「FAXは谷さんから入手したのか。それとも財務省からのか

菅官房長官「谷さんから。送られたFAXは行政文書にあたらないと考えている

福山議員「会見で配布したFAXには、携帯電話やメールアドレスの情報も書かれていた。これはまずいのでは?」

菅官房長官「それは事実だが、会見の直後に墨塗りのものに差し替えた」

福山議員「国会の審議では出さなかったのに、官邸のほうで出したということ。内閣官房、総理夫人は私人ですね。そうなると夫人付きの方がFAXを送ったのは公務なのか

内閣審議官「公務員として、これまでに知り合った方に丁寧に情報を提供したということ。厳密に言えば公務ではない

福山議員「昭恵夫人付きだからこそ、籠池さんは谷さんに手紙を送ったんでしょ!これは公務じゃないか!

内閣審議官「公務員は本来の職務以外にも、本来の職務に反しない限りで適切な情報を提供することがある

福山議員「FAXに記載された4項目にわたる財務省の回答はどこが答えたのか?

財務省・佐川理財局長「総理夫人付きの方とやり取りをしたのは、FAXに記載されている(田村嘉啓)国有財産審理室長

福山議員「このFAX文書を起案したのは誰なのか?

佐川理財局長「この文書は、田村審理室長からの回答をもとに谷さんが書かれたものだと思う

福山議員「谷さんは職務上、こういった文書を書けるものではない。審理室長は森友問題を把握していたということでは。これを職務ではないといい、谷さんひとりに押し付けるのは大問題だ!籠池さんが街を歩いている普通の人に頼んで、財務省につながるわけがないでしょう!

 総理は『私も妻も関係ない』と答弁したが、関係しているじゃないか。4番目の予算化は年度替わりの異常に早いタイミングで行われている。ヒアリングに来た財務省の役人は『公務だ』と言っていた。総理、なんで財務省は隠すのか。『資料を出せ』と財務省に指示を出してほしい

▲安倍晋三総理大臣

安倍総理「夫人付きに手紙が来たのであって、私の妻は留守番電話に答えていない。外形的にはこの問題に関係していないということ。資料に関しては、理事会で協議していただきたい」

福山議員「これは籠池氏が最初に出した資料だが、驚くべきことにすべて真っ黒。本人を証人喚問に呼んでいるにも関わらず、財務省の側は何も資料を出そうとしない。迫田氏が来るのも遅すぎる。総理、この問題はどうしたら早く収束するのか?」

安倍総理「問題の本質は国有地の払い下げに政治の関与があったかどうか。その点については私も妻も関わっていないということ。別に付きの方に責任を押しつけてもいない

福山議員「財務省の役人も国交省の役人も可哀想だと思う。こんな安倍政権の尻拭いのような仕事をずっとさせられて。天下の我が国の財務省が面談記録を廃棄するわけがないでしょう。報道があった2月以降、財務省と近畿財務局は籠池氏側と何回接触したのか?

佐川理財局長「必要なやり取りを行ってきた。報道内容の事実確認など。接触の回数については存じていない。先方は籠池氏本人か代理人弁護士」

福山議員「武内さんに聞きたい。あなたが近畿財務局長の時に色々な動きがあった。どういう報告を受けていたのか。昭恵夫人が講演をすることは知っていたか」

▲財務省・武内良樹氏(前近畿財務局長)

武内氏「名誉校長をしていることは知らなかった。講演会も知らなかったと思います」

福山議員「鴻池事務所の秘書と近畿財務局がやり取りをしていたことは報告を受けていたか」

武内氏「報告を受けていない」

福山議員「これも、本当にあり得ない。こういう答弁をするから、参考人を呼んでも意味がない。

 稲田大臣は虚偽答弁をしているが、なぜ辞任しないのか。虚偽答弁というのは自衛隊員の士気にかかわること。南スーダンからの撤収理由もよく分からない。政局でやったのなら本当に遺憾だ」

 次に民進党・大塚耕平議員による質疑。

大塚議員「森友学園の教育に賛同されているお友達と昭恵夫人がお知り合いになったのはいつか」

安倍総理「いつ頃かということは存じ上げない」

大塚議員「迫田さんは当時の理財局長として総理と面会している。正確な事実関係を

迫田氏「一昨年の9月3日に総理にお会いした。案件は日本郵政グループ3社の上場に関する報告。ローンチの1週間前というタイミングだった

大塚議員「8月26日に埋蔵物が発見され、その直後に近畿財務局と大阪航空局が現地調査している。普通、役所はこんなクイックレスポンスをしない。財務大臣、いかがですか

麻生財務相「想像でしゃべりたくない

▲麻生太郎財務大臣

 以上で午前の質疑は終了。休憩を挟み、13時から参議院予算委員会が再開。引き続き、民進党の大塚耕平議員。

大塚議員「先程の答弁によると、当時の理財局長である迫田氏と麻生大臣は森友学園の案件について報告を受けていなかったと。しかし法律に即して報告すべきでは。

 近畿財務局長は案件は知っていたが値引きの詳細は知らなかったと。役所はいつもは固いのに、今回はあまりに柔軟なのが腑に落ちない。石井国交大臣は報告を受けていたか」

石井国交相「今回の件を知ったのは2月に報道が出てから」

大塚議員「財務大臣は森友学園が価格を不開示にしていたことについてどう思うか」

麻生財務相「情報公開法の不開示情報に該当する可能性があるので、契約相手から要求があったら公表しないことになっている」

大塚議員「総理としてFAXしか文書が出てきていないことをどう思うか。行政文書の管理という観点から」

安倍総理「法律等にのっとり適切に行っていると承知している」

大塚議員「この案件からして文書を残さないのはおかしい。我々はまだ残っていると思っている。菅官房長官はFAXとともに、谷さん宛の封書の表書きを公開したが、表書きだけでなく手紙の文面は公開しないのか

▲菅義偉内閣官房長官

菅官房長官「メールはすべて公開したいと思う。手紙の文面も籠池氏の了解を得られれば公開する」

大塚議員「総務大臣に。今治市の土地が獣医学部を作る学校法人に譲渡されるという。いくらぐらいの価格になるのか

高市総務相「今治市に聞いたところ、36億7000万円で取得した土地を無償譲渡するということだった

大塚議員「総理とお友達の学園に37億円あまりの土地が無償譲渡された」

安倍総理「私と加計学園の理事長が知り合いだからといって、今治市がタダで土地を譲るというんですか。愛媛県や今治市にも失礼なこと

大塚議員「文書管理の問題については、南スーダンの日報についても無関係ではない。答弁を変えてでもいいので、残すべき文書だと言ってくれませんか」

稲田防衛相「私も先生と同じ考えで、しっかりと捜索したところ」

 以上で大塚議員の質疑は終了。次に公明党の浜田昌良議員が東日本大震災と北朝鮮情勢について質問、公明党の里見隆治議員が労働問題について質問した後、日本共産党・小池晃議員が質疑。

小池議員「昨日明らかになったFAXについて。本日午前の質疑では谷さんに責任転嫁する答弁ばかり。このFAXは官邸では誰も決済していないのか」

▲日本共産党・小池晃議員

菅官房長官「していない」

佐川理財局長「財務省もしていない」

小池議員「役所はいつでも誰でも質問に回答してくれるのか」

佐川理財局長「国有財産について一般の方からの質問にも回答している。職員が丁寧に回答している」

小池議員「いやー!驚きだ!そんなことないでしょうよ。総理はこのFAXのやり取りをいつ知らされたのか?」

安倍総理「菅官房長官と同じ頃だと思う」

菅官房長官「夫人にはご相談されたんだろうと思う」

小池議員「こんな無理のある説明を政府がすることは滅多にない。昭恵夫人が籠池氏から受取ったメッセージとは?」

安倍総理「土地の内容について具体的なことは聞いていないということ。留守電だからもう残っていない。私が確認しようがない」

小池議員「籠池氏は証人喚問に来た。昭恵夫人も同じステージに立ってもらわないといけない。谷さんは秘書ではなく官僚。官僚が上司の指示なしで動くはずがない。総理と総理夫人の指示がなく、夫人付きが勝手にやったということなら逆に大問題だ

安倍総理「私の妻以外にも名前が出ている人がいる。その人達を全員証人喚問するというのか。そもそもこの問題は、土地取引に政治介入があったかどうか

小池議員「総理は『私や妻が関係していたら辞める』といったじゃないか!総理夫人付きの方から問い合わせがあったら、普通は総理と総理夫人の意向があると思うでしょう。夫人付きは日常からこんなことをするのか

安倍総理「FAXはゼロ回答であり、忖度がないことは明らか。忖度をするのであれば、私の地元の陳情がすべて通っているはず。そういう忖度はなされないと確信している

小池議員「この話はFAXだけで終わっていない。FAXに出てくる田村室長はその後に籠池氏と会い、そこから『神風』が吹いた。この問題について総理は鴻池議員にただしたか

安倍総理「鴻池議員は記者会見をした

小池議員「会見を聞いて終わりですか。あ、答弁するのは佐川さんじゃない!佐川さんにはもう答弁を求めない」

安倍総理「財務大臣が本人に聞いた」

麻生大臣「あなたがおっしゃった通りの内容だった」

小池議員「自民党の西田議員が昨日から『問題の本質は森友学園の財務状況が悪かったこと』といった質問している。当時、近畿財務局はなぜ通したのか

武内氏「私の着任前だったので分からない」

小池議員「近畿財務局が経営状況の悪い森友学園に国有財産を売却したのは正しくなかったのではないか?西田議員もおかしいと言っているのだから

安倍総理「私は材料を持ってないから判断のしようがない

 次に日本共産党の辰巳孝太郎議員の質疑へ。

辰巳議員「鴻池メモに出てくる内容は財務省で確認するか」

▲日本共産党・辰巳孝太郎議員

佐川理財局長「鴻池事務所作成の資料について事実関係を確認する」

辰巳議員「先程武内さんはゴミの混入率は知らなかったと答弁。しかし決済したのはあなたでしょう」

武内氏「決済したのは売買契約について」

辰巳議員「10倍の控除額は高いと思わなかったか?」

武内氏「専門的な知見を持った航空局が見積もりをしたもの。適切な金額だと思っている」

辰巳議員「谷さんのFAXについて。国有財産審議会にはかる前に財務状況を審査することになっている。この審査を通したということは、審議会に森友学園について太鼓判を押したということになる。

 本当に地中深くにゴミがあったのか。9.9メートルにゴミがあるという根拠は?

佐藤航空局長「将来、埋設物が出るリスクを見込んで見積もりをした。職員が掘削機の先端にゴミがついていることも写真で確認している

辰巳議員「3メートル部分のゴミが掘削機にからみついたのではないか?

佐藤航空局長「そもそも9.9メートルという深い場所のゴミを職員が見ることは困難。業者へのヒアリングなどを行った結果、9.9メートルの部分に廃材があると判断して見積もりをした

辰巳議員「専門家の方が言うには、この場所の9.9メートルの所からゴミが出ると判断はできないということだった。9.9メートルからゴミが出ないのは常識だと。これが実態。3.8メートルも9.9メートルも何も根拠がないのでは」

 次に日本維新の会の石井章議員。

石井議員「昨日、証人喚問で下地議員が『籠池氏が自分で梯子から転げ落ちた』と言った。そもそもは籠池氏が不正な申請書を出したのが悪い(※)

※3月23日の籠池理事長証人喚問で質問に立った日本維新の会・下地幹郎議員は、籠池理事長が小学校の設置をめぐり、松井一郎大阪府知事に「はしごを外された」と訴えたことに対し、「松井さんは、あなたの学校ができるようにはしごをかけた」「はしごは外されたのではなく、あなたが自らはしごから落ちた」と述べ、松井府知事が森友学園に便宜を図ったかのような発言していた。

 その後、森友学園問題以外を質問。次に社民党の福島みずほ議員。

福島議員「昨日の証人喚問は大変驚いた。安倍昭恵さんは具体的に動いていたのではないか。谷さんは官邸の中で財務省に電話している。財務省は『官邸からきた!』と感じたはず。総理、昭恵さんが具体的に動いていることにどう思うか

▲社民党・福島みずほ議員

安倍総理「今回の夫人付きからのFAXでは、お断りをしているということ。すでに今日の委員会で理財局長が詳しく答弁している通り。忖度していないことは明らか

福島議員「だったらもっと早く出せばよかったではないか。あっという間に有益費が払われている」

安倍総理「すでに発表しているが、妻は籠池氏からは何度か短いメッセージはあったものの、土地取引に関する話はしていないということだった」

福島議員「3月16日、籠池氏が100万円の寄付金について話したが、昭恵夫人は籠池氏側に『祈ります』というメールを送っている。相手が嘘をついているなら『なぜ嘘をつくのか』というメールになるはずではないか。絶対にそうなる!

安倍総理「妻からは、籠池氏の妻からのメールに対して『それは嘘です。私は祈ります』『権力など使っていません』と送っている

福島議員「『どうして嘘をつくのか?』というメールになるはず。この反応はやはり怪しいと言わざるをえない。昭恵さんと松井一郎知事の証人喚問を求める

稲田防衛相「昨日の証人喚問を受けて夫に確認したが、土地取引に関して籠池氏から相談を受けたことはないということだった。財務局や航空局との話し合いに代理人でも顧問でもない立場として同席した

 続いて無所属・松沢成文議員。

松沢議員「麻生大臣のもとに国会議員から依頼はあったか」

麻生大臣「たびたび答えているが、まったくない」

松沢議員「鴻池議員からは?」

麻生大臣「答えは同じ。まったくない」

 以上で3月24日(金)参議院予算委員会の実況を終了します。IWJの財政状況は危機に瀕しています。定額会員にご登録いただくか、ご寄付・カンパでのご支援をよろしくお願いいたします。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です