民営化で水道料金が暴騰!? 安全管理と監督強化にも限界が――岩上安身による立命館大学特任教授・仲上健一氏インタビュー 2017.3.17

記事公開日:2017.3.23取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年3月17日(金)14時より大阪府茨木市の立命館大学大阪いばらきキャンパスにて、水道工学などがご専門の立命館大学特任教授・仲上健一氏に岩上安身が、水道法改正案についてインタビューをした。

■イントロ

  • タイトル 岩上安身による立命館大学政策科学部特別任用教授・仲上健一氏インタビュー
  • 日時 2017年3月17日(金)14:00〜15:00
  • 場所 立命館大学大阪いばらきキャンパス(大阪府茨木市)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


“民営化で水道料金が暴騰!? 安全管理と監督強化にも限界が――岩上安身による立命館大学特任教授・仲上健一氏インタビュー” への 1 件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    「水道法改正法案」が今国会提出。民営化で水道料金が暴騰!? 安全管理と監督強化にも限界が――岩上安身による立命館大学特任教授・仲上健一氏インタビュー http://iwj.co.jp/wj/open/archives/368940 … @iwakamiyasumi
    日本の公共サービスを外資に売り渡す「売国行為」だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/845030204409987072

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です