「沖縄で起きていることは、私たち自身の問題」――沖縄・高江の現場で出会った若い世代が、沖縄・北部訓練場のヘリパッド建設強行に反対する若者有志の会(ヘリパッド建設に反対する緊急行動)設立! 2016.9.21

記事公開日:2016.9.21取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・阿部洋地)

 「私たちは、いま沖縄で起きていることを、沖縄のみの問題でない、日本全国の問題であると、すなわち私たち自身の問題であると捉えます」――。

 2016年9月21日(水)、参議院議員会館で、「沖縄・北部訓練場のヘリパッド建設強行に反対する若者有志の会」の設立記者会見が、呼びかけに応じた国際環境NGO「FoE Japan」、国際環境NGO「グリーンピース・ジャパン」、国際人権NGO「ヒューマンライツ・ナウ」の3団体と、石橋みちひろ議員(民進党)、福島みずほ議員(社民党)、赤嶺政賢議員(共産党)の国会議員3名とともに行われた。

 同会を立ち上げるきっかけをつくった早瀬道生氏(24)は、7月下旬から8月中旬まで東村(ひがしそん)高江に滞在した経験をふり返り、本土でも高江の問題に言及する活動の土台が必要だと感じ、現場で出会った仲間と立ち上げた、と設立の経緯を説明した。現在のメンバーは10代から30代の若い世代の40人程度の集まりで、多くは沖縄以外の都道府県で生活しているとのこと。

 以下、岡歩美氏(25)により読み上げられたステートメントを一部掲載する。

 「私たちは、いま沖縄で起きていることを、沖縄のみの問題でない、日本全国の問題であると、すなわち私たち自身の問題であると捉えます。しかしいま沖縄で起きている事態は、民主主義や地方自治といった、日本国憲法の保障する理念を形骸化させるものです。そして何より、そもそも沖縄に日米安保のための過剰な負担を強いているのは、沖縄以外の他都道府県に生きる私たち自身です。私たちには、行動する責任があるはずです」

■ハイライト

  • 参加団体・議員 国際環境NGO FoE Japan、国際環境NGO グリーンピース・ジャパン、近藤昭一議員(民進党)、日本共産党より1名参加予定、福島みずほ議員(社民党)、山本太郎議員(生活の党と山本太郎となかまたち)
  • 内容 本会見の趣旨説明/若者団体の説明/声明文の発表/各団体からの意見表明/国会議員からの意見表明/今後の展望について
  • 日時 2016年9月21日(水) 12:00~
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 ヘリパッド建設に反対する若者有志の会

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です