「中国脅威論のウソを見抜く」インサイダー編集長の高野孟氏が一刀両断――山田正彦の炉端政治塾 2016.9.17

記事公開日:2016.9.21取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事の全編動画は会員のみの公開となります。

 安倍政権が煽る「中国脅威論」をバッサリと切り捨てた。

 元農林大臣であり弁護士の山田正彦氏が主宰する「山田正彦の炉端政治塾」において、インサイダー編集長の高野孟氏が2016年9月17日、講演をおこなった。

 高野氏は、2016年9月5日、1年5か月ぶりに日中首脳会談におこなわれ、安倍首相と習主席は、防衛当局間による連絡体制「海空連絡メカニズム」の構築に向けた協議を加速することで一致したことを、とても良いニュースとして紹介した。

 同時に長年懸案になっている、日中の東シナ海における、天然ガスの共同開発についても、話を再開することで意見の一致を見たことにも言及した。

 他方、日本のメディアは、安倍首相が習主席に対して『南シナ海で自制するよう強くもとめた』とういことを見出しにもってきて、中国脅威論に水をかけるような合意がなされたということには、クローズアップしないとして、その報道姿勢を厳しく断じた。

 日中関係の本当の姿を解く高野氏の講演は、予定の一時間を超えて続いた。

■ハイライト

  • 講演 高野孟氏(インサイダー編集長)
  • タイトル 山田正彦の炉端政治塾 ―講師 高野孟氏(インサイダー編集長)
  • 日時 2016年9月17日(土)14:30〜
  • 場所 東京都内
  • 告知 山田正彦の炉端政治塾 (Facebook)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です