保育士の給与は平均賃金の低い女性の給与に合わせる!? 図らずも女性蔑視的考えを披露する安倍政権に、民進党・山尾志桜里議員が「男尊女卑」と糾弾!~民進党・山井和則議員の質問趣意書と安倍政権の答弁書を全文掲載 2016.5.20

記事公開日:2016.5.20 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(前文・城石エマ)

 「安倍政権は男尊女卑政権だ」――。

 民進党・山尾志桜里議員による、安倍政権の政策への指摘に対して、「男尊女卑というレッテル貼りをするな」「論点をずらすな」という、的はずれな批判が相次いでいる。

 「男尊女卑」と言われた安倍総理は、「誹謗中傷だ」と応じたが、実際に安倍政権の考えは、「男尊女卑」と呼ぶべきものである。

 5月16日の衆院予算委員会で安倍総理は、「ニッポン一億総活躍プラン」の計画の一部として、保育士の給与アップに言及、「(全産業の女性労働者の平均賃金との差が)月額4万円程度であることを踏まえ、賃金差がなくなるよう処遇改善を行っていく」と述べた。

 これを聞いた山尾議員は、安倍総理の発言を強く非難。保育士の給与を女性の平均賃金と比較する態度にこそ、安倍政権が保育を女性の仕事としてしか認識していないこと、男女の賃金格差を暗に認めていることという2点がよく表れていると詰め寄った。「男尊女卑」という言葉は、そうした安倍政権の実態を踏まえて述べられた批判であった。

 山尾議員によると、保育士の平均給与は、全産業の労働者の平均給与と比較した場合、11万円の差がある。それを、「女性の平均給与」にすり替え、「差は4万円」と過小に見積もる安倍政権は、保育士の給与問題を矮小化して見せたいと考えているとしか思えない。

 安倍総理は、4月26日に行われた「第7回一億総活躍国民会議」の際にも、保育士の平均給与を女性の平均給与との比較の中で語っていた。

 これを問題視した民進党は、2016年5月9日に山井和則議員の名前で、女性の平均給与と比較する安倍総理の発言を「撤回する気はないか」と問う質問主意書を提出した。

 5月17日に政府から返ってきた答弁書には、「保育士の95パーセント近くが女性である実態を踏まえると、不適切なものとは思わない」と記されている。女性の労働者の平均賃金が、男女あわせた平均賃金より明らかに低いという実態が浮きぼりになったのに、それが何か問題か、とでも言いたげな答弁書にはあ然とさせられる。16日の衆院予算委における安倍総理の発言を念押しするように、政府は正式文書でも「男尊女卑」のそしりを免れない考えを表明したのだ。

 同趣意書は、保育士や介護士の給料の引き上げ額についても質問をしているが、答弁書の中では「お答えすることは困難である」と、改善の見込みについては冷ややかに突き放すのみだった。

 今国会で民進党が繰り返し追及してきた保育・介護の問題。いつまで経っても財源は明らかにされず、安倍政権の根底に眠る女性蔑視とも言うべき差別的な考えまでえぐり出された。

 安倍政権以降、噴出する数々の問題の中でも、国民の怒りにもっとも大きな火を点けるのは、保育の問題になるかもしれない。

民進党提出「ニッポン一億総活躍プランで取り組む保育・介護人材の確保の効果と実現可能性に関する質問主意書」全文掲載

政府提出「衆議院議員山井和則君提出ニッポン一億総活躍プランで取り組む保育・介護人材の確保の効果と実現 可能性に関する質問に対する答弁書」全文掲載

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です