「議員バッジを賭ける」とタンカを切っていた安倍総理。勝木勇人・札幌市議のブログから削除された安倍晋三官房副長官の発言「とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ」――事実だとすれば「よく『議員をやめる』とまで言えたもんだ」~蓮池透氏に直撃取材 2016.4.6

記事公開日:2016.4.9取材地: テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ 青木浩文)

※日刊IWJガイド2016.4.9日号~No.1304号~より

 IWJで中継やテキスト関係のお手伝いをしながら報道現場の勉強をしています青木浩文です。

 「精神鑑定を受けた方がいいんじゃないか」――

 議場でこんな野次を飛ばした不届きな議員がいました。自民党所属の札幌市議・勝木勇人氏です。2016年3月29日札幌市議会の本会議にて、共産党の小形香織市議が安全保障関連法の廃止を求める意見書案の賛成討論を行ったあとのこと。勝木市議は同日、「(やじを飛ばした)覚えはない」としていましたが、31日、共産党控室を訪れ、謝罪しました。

 札幌市議会の民主市民連合、共産党などは、「個人の人格への攻撃にとどまらず、精神障害者への差別と偏見を助長する暴言」などと批判。4月5日、勝木市議に猛省と公の場での謝罪を求める決議案を提出しましたが、自民、公明両党の反対多数で否決。札幌市議会自民党議員会は、勝木市議を厳重注意と会派内の役職停止1年の処分にしたと報じられています。

 地方議員の質の低下を象徴する事件の一つですが、他方、この勝木市議の書いていたブログが、インターネット上でもうひとつ、別の話題を提供しています。

勝木市議のブログから削除された安倍官房副長官の発言――「とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ」――事実であれば、国会答弁とは正反対、蓮池透さんの著書を裏付ける内容

▲札幌市議会議員・勝木勇人氏(写真は本人ホームページより転載)

 物議をかもしているのは、2003年1月30日付けで掲載されていた「安倍晋三官房副長官の話」というタイトルの勝木市議のブログです。当時官房副長官だった安倍総理による、拉致被害者の北朝鮮への帰国を求めた、とする発言を含む次の箇所が、同ブログからばっさりと削除されたというのです。

 「安倍晋三先生のレクチャーは、…興味深い話が盛りだくさんでした。…拉致被害者の話になり、(安倍晋三は)地村さんたちには、最初、『とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ』という話をしたそうです。しかし、地村さんたちは、この申し入れを断固拒否したそうです。『一度、戻ったら、二度と帰国はできない』ということだったそうです。『私(安倍)他、政府の人間がたくさん同行すれば、変なことにはならないでしょう』と言うと、『みんなで一緒に行っても、突然銃をもった者が部屋に入って来て、我々を引き離そうとしたら、どうしますか? 安倍さんたちは、その場で何ができますか?自衛隊も一緒に行ってくれるなら話は別ですが』と言われ、結局、彼らの言うとおりにしたそうです」 (以上、シャンティ・フーラ合同会社ブログより転載)

 1月12日の衆院予算委員会で、北朝鮮の日本人拉致問題を巡り、民主党(現・民進党)の緒方林太郎衆議院議員が、拉致被害者の蓮池薫さんの兄、蓮池透さんの著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』を引用。当時、官房副長官だった首相が、帰国した薫さんらを「北朝鮮に戻すことに当初は反対していなかった」と指摘しました。

 これに対して、安倍総理は、「私は断固として反対をしました」「私が言っていることが真実だ。バッジをかけて申し上げます。間違っていたら国会議員をやめる」とまで、声を荒らげてタンカを切ったのです。

 さらに、「日本のこころを大切にする党」の中山恭子代表(元少子化対策・男女共同参画担当大臣)は、1月19日の参院予算委員会で、同書を取り上げ、「この本については事実と異なることがたくさん書かれている」と主張。さらに、蓮池さんが北朝鮮の「工作関係者に利用されている」と貶し、根拠のない誹謗中傷を行っています。

 この件を受けて、岩上さんが急遽、蓮池透さんへのインタビューを二回にわたって行っています。

 蓮池さんが著書において「(安倍首相は拉致被害者を)北朝鮮に戻すことに当初は反対していなかった」と書いた内容は、勝木市議がブログで紹介し、その後削除した安倍晋三官副長官の発言と、見事に一致しています。

 この勝木市議のブログの内容が事実だとすれば、「議員バッジをかける」とまで発言した、安倍総理の進退が問われるべきだと思います。国会は、勝木議員を国会に招致し、事実関係について問いただすべきではないでしょうか。

▲蓮池透氏の近著『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』

蓮池透さんに直撃取材!――事実だとすれば「あまりにもいいかげん」「よく『議員をやめる』とまで言えたもんだ」

 IWJでは、勝木市議に直接取材を試み、数日にわたり勝木勇人事務所に電話をしましたが、事務所の方より「本人は不在。他に分かる者はいない」との回答でした。

 また、民進党の緒方議員に電話とFAXにて取材を申し込みましたが、「本件に関して取材は受けない。その理由に関しても議員本人から聞いていないので分からない」との連絡が秘書の方よりありました。

 緒方議員は、1月の衆院予算委員会で、蓮池さんの著書を引用して質疑を行った際に、蓮池さん本人に対して、事前の連絡は無かったとのこと。蓮池さんは岩上さんのインタビューに答え「寝耳に水でした」と答えています。今回緒方議員がIWJの取材にお答え頂けなかったのは、この時の経緯が関係しているのかもしれません。

 他方、蓮池さんは、IWJの電話取材に答えて、以下のようなコメントを寄せました。

 「実際そういう話をしていたんだとすれば、あまりにもいいかげんというか、よく、『議員をやめる』とまで言えたもんだなっていう気がします。

 私がうそを書く必然性は全くありません。『うそだ』『本当だ』って水掛け論になってたところで、思いもよらないところ、それも自分の党の中からああいうものが出てきたということは驚き、と言うより『やっぱりね』という気持ちです」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“「議員バッジを賭ける」とタンカを切っていた安倍総理。勝木勇人・札幌市議のブログから削除された安倍晋三官房副長官の発言「とにかく一度北朝鮮に戻って、子供を連れて帰国するべきだ」――事実だとすれば「よく『議員をやめる』とまで言えたもんだ」~蓮池透氏に直撃取材” への 1 件のフィードバック

  1. 武尊 より:

    「息をするように嘘をつき。」
    そのものな奴
    でもだれも追及しないですよ。特にミンス(あ!違った。新進でもない。民進だっけ?どうでもイイや)は、ああやって騒ぎにして火消し役を買って出ただけですから、、。
    タロちゃんか志位さんとこが追及すればなぁ、、。
    でももう誰もしないだろうなぁ、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です