『憲法と京都〜京都の15人が、憲法を語り行動する』出版記念会 2016.1.16

記事公開日:2016.1.16取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 詩人の中村純氏が京都の人々に憲法とのつながりを聞いた書籍『憲法と京都〜京都の15人が、憲法を語り行動する』(かもがわ出版)の出版記念会が、2016年1月16日(土)14時より京都市左京区の法然院で開かれた。

■ハイライト

  • 『憲法と京都』編著者から 中村純氏(詩人、編集者)
  • インタビュイー・スピーチ 村上敏明氏(元京都市役所職員)/港健二郎氏(映画監督、脚本家)/中村あゆ美氏(子どもたちへ宇治から平和を紡ぐ会)/西郷南海子(さいごう・みなこ)氏(安保関連法案に反対するママの会発起人)/町田寿二氏(京都三条ラジオカフェ理事)/水谷麻里子キャロライン氏(米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会)/虫賀宗博(むしが・むねひろ)氏(論楽社)/鈴木君代氏(真宗大谷派僧侶、シンガー)/金杉美和氏(弁護士)/メッセージ紹介 本田久美子氏(元京都市立小学校教員)
  • 他のインタビュイー 藤原辰史氏(自由と平和のための京大有志の会)/永田和宏氏(歌人)/川口真由美氏(障がい者施設代表、シンガー)/蒔田直子氏(同志社大学学生寮寮母)
  • 会場から 梶田真章(かじた・しんしょう)氏(法然院貫主)ほか
  • タイトル 『憲法と京都 京都の15人が、憲法を語り行動する』出版記念会
  • 日時 2016年1月16日(土)14:00〜16:00
  • 場所 法然院(京都市左京区)
  • 主催 かもがわ出版

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です