豊かな大阪をつくる 〜「大阪市存続」の住民決断を踏まえて〜 第4回「大学問題を考える〜府大市大統合問題を見据えて〜」 2015.11.1

記事公開日:2015.11.1取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年11月1日(日)13時半より、大阪市住吉区の大阪市立大学で4回目となるシンポジウム「豊かな大阪をつくる 〜『大阪市存続』の住民決断を踏まえて〜」が「大学問題を考える〜府大市大統合問題を見据えて〜」をテーマに開かれた。

■全編動画
・1/3(13:30~ 1時間12分)

1分〜 開会/6分〜 藤井氏/32分〜 大阪市立大学学生有志/55分〜 大阪の公立大学のこれからを考える会

・2/3(14:50~ 1時間24分)

0分〜 森氏/26分〜 鈴木氏/50分〜 小林氏

・3/3(16:25~ 1時間22分)ディスカッション・質疑応答

  • <話題提供>
  • 藤井聡氏(京都大学大学院教授)「橋下維新と大学問題―学問の自由を侵害する全体主義―」
  • 大阪市立大学学生有志「市大と府大の統合について」
  • 大阪の公立大学のこれからを考える会(学生有志の会)「市大府大統合問題に対する意見」
  • 森裕之氏(立命館大学教授)「大阪市立大学―その歴史と今日―」
  • 鈴木洋太郎氏(大阪市立大学教授)「市大・府大の大学統合の動きをどう考えるか―市大の現状と課題を中心にして―」
  • 小林宏至氏(大阪府立大学名誉教授)「いつわりの『二重行政』レッテルにはじまる『府大・市大統合』論」
  • パネルディスカッション
  • 日時 2015年11月1日(日)13:30~
  • 場所 大阪市立大学(大阪府大阪市)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です