首都圏反原発連合と、脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル 2012.7.31

記事公開日:2012.7.31地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・ぎぎ)

 2012年7月31日(火)、衆議院第一議員会館で、「首都圏反原発連合と、脱原発をめざす国会議員との対話のテーブル」が開かれた。出席者は首都圏反原発連合から12名、脱原発ロードマップを考える会と原発ゼロの会から、国会議員10名が参加。「官邸前抗議行動に集まる20万人の市民の根底にあるのは、絶望に近い悲しみと、そこから生まれた怒りです」。同じテーブルについた国会議員の危機感のなさに、市民らは落胆の表情を見せた。

■ハイライト

  • 出席者
     首都圏反原発連合有志(呼びかけ13団体)
     脱原発ロードマップを考える会 顧問・世話人
     原発ゼロの会 世話人

 「20万人の国民が集まっている。会うべき状況だと総理は認識していないのか」。Misao Redwolf氏が国会議員に語りかけた。反原連は稼働中の大飯原発を停止すること、今後の再稼働を中止することを政府に要請するため、野田首相に申し入れを希望してきたが、未だ実現していない。菅前総理は、「総理に会いたい」という意見も出るだろうと野田首相に伝えたとし、総理は「会うのはやぶさかではない」と答えたと伝えた。他の議員も、面会できるよう引き続き要請していくと約束した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です