【東京都知事選】ドクター・中松候補にエネルギー政策についてインタビュー 「ドクター・中松ハウスは東電の電気を使っていない」 2014.1.25

記事公開日:2014.1.25取材地: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・石川優)

 「ドクター・中松ハウスにアンテナがあって、宇宙エネルギーを受けて熱に変えている」――。

  東京都知事選挙に出馬しているドクター・中松氏は1月25日、JR上野駅のアメ横前で街頭演説を行った。IWJは街頭演説後、エネルギー政策を中心に、中松候補へインタビューを実施した。

 中松候補は、1月8日の出馬会見で、エネルギー政策をめぐり「原発推進派も脱原発派も無責任。原発は19世紀の発明だ」と批判していた。IWJは、その代案として中松候補が提唱している『パワーグリッドエナジーストア』とは何かについて質問。

 中松候補は、「ドクター・中松ハウスの壁一面が黒、アンテナがあって、宇宙エネルギーを受けて、熱に変えている。ドクター・中松ハウスは、東電の電気を契約していない。宇宙エネルギーがあることを私はずっと言ってきたが、誰も信用していない」と話し、宇宙からのエネルギーを活用し、実践していることを説明した。

原発の負の遺産、世界的発明家でも研究段階

 放射性廃棄物の解決方法について、中松候補は「どんどん溜まっているから考えなければいけない。その研究をしている」と、自身で独自の研究を進めていることを示唆。福島第一原発の汚染水問題についても、「研究はしている」と回答するも、解決方法については明言を避け、数多くの発明をしてきたドクター・中松候補でも難しい問題であることが露呈した。

■全編動画

  • 日時 2014年1月25日(土)17:00~
  • 場所 上野アメ横(東京都台東区)

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です