衆院選 立憲民主党 荒井聰候補(北海道3区)個人演説会 2017.10.19

記事公開日:2017.10.20取材地: 動画

 2017年10月19日(木) 19時より、北海道札幌市の里塚・美しが丘地区センターにて、立憲民主党・荒井聰候補(北海道3区)による個人演説会が行われた。


「日米地位協定を変えようとする政治家は必ず失脚させられるが、私はそれをやりたい」〜立憲民主党・荒井聰候補(北海道3区)が表明!「安倍総理の本当の狙いは緊急事態条項だ」とも指摘! 2017.10.19

記事公開日:2017.10.20取材地: テキスト動画

衆院選2017特集 北海道3区
※10月21日テキストを追加しました。

 自民党は衆院選の終盤情勢を踏まえ、激戦となっている49選挙区を「重点区」に指定した。投票日に向け、安倍総理ら幹部を集中的に投入し、最後の猛攻を仕掛ける。北海道は、立憲民主党候補と特に接戦となっている3区と11区が重点区に指定された。


【IWJ検証レポート】旧民進党衆院議員にアンケートを送付!各候補者に聞いた「希望の党」公認申請の是非や「踏み絵」の存在~大臣経験者が語る小池新党に参加する理由 2017.10.18

記事公開日:2017.10.18 テキスト

 10月10日、第48回衆議院選挙が公示されすでに終盤戦へとさしかかっている。この間の政局は混沌を極めた。9月28日の臨時国会での冒頭解散の直後、小池百合子代表率いる「希望の党」による突然の結党宣言から、政局は混沌を極めた。さらには前原誠司代表自らのイニシアチブで、衆院選立候補者を離党させ、希望の党から公認を受けるという、不可解きわまる「解体・合流」騒動が起こった。しかも、「全員が移れる」からと、前原代表は両院議員総会で交渉を一任してくれと言ったのに、小池氏ら希望の幹部は「選別」「排除」を口にし、実際に「踏み絵」を踏まされ、“リベラル派”は切り落とされた。


原発事故収束対策PT総会(第71回) 2012.8.9

記事公開日:2012.8.9取材地: テキスト動画

 2012年8月9日(木)、衆議院第二議員会館で、「原発事故収束対策PT総会(第71回)」が行われた。


民主党 原発事故収束対策PT総会(第70回) 2012.8.2

記事公開日:2012.8.2取材地: テキスト動画

 2012年8月2日(木)、衆議院第二議員会館で、「民主党 原発事故収束対策PT総会(第70回)」が行われた。


荒井聰議員インタビュー 2012.7.4

記事公開日:2012.7.4取材地: テキスト動画独自

 2012年7月4日(水)、衆議院第一議員会館で、荒井聰議員インタビューが行われた。


原発事故収束対策PT総会~原子力安全委員会斑目春樹委員長に総会への出席を要請したが委員長はこれを拒否! 2012.4.11

記事公開日:2012.4.11取材地: テキスト動画

 2012年4月11日(水)、東京都千代田区の衆議院第二議員会館で「原発事故収束対策PT総会」が行われた。

 PT(プロジェクト・チーム)は、原子力安全委員会の斑目春樹委員長に、今回の総会への出席を要請していたが、委員長はこれを拒否した。委員長の代理として出席した安全委事務局は、その理由について「関係法令に基づいて、助言を行うことが安全委の任務。委員の出席は差し控えたい」と説明した。それに対し、議員らは「国民に対する説明責任を果たすため出席すべき」「国会議員に対して説明するのは義務だ」などと抗議した。そして、事務局退席の上で協議した結果、今回は質疑を行わず、引き続き斑目委員長に出席を求めていく方針を確認した。