「甘利議員のしたことは?」衆院神奈川13区選挙民として ―講師 社会文化法律センター代表・宮里邦雄弁護士 2016.6.11

記事公開日:2016.6.13取材地: 動画

 2016年6月11日、神奈川県大和市のIKOZA(イコーザ)にて、講師に社会文化法律センター代表の宮里邦雄弁護士を迎え、戦争法廃止4市共同市民の会の主催により「甘利議員のしたことは?」集会が行われた。


「あっせん利得処罰法が死文化してしまう!」甘利明議員と元秘書の不起訴処分 刑事告発を行った上脇博之教授、宮里邦雄弁護士が憤り!「これほど証拠が揃っているのは初めて」の事件がなぜ無罪放免に!? 2016.5.31

記事公開日:2016.6.2取材地: テキスト

 国民感覚からすれば、とうてい納得できるものではないだろう。法治国家の原理原則に照らしあわせても筋が通らない。

 2016年5月31日、東京地検特捜部は甘利明・前経済再生担当大臣の現金授受問題で、甘利氏と元秘書を「嫌疑不十分」で「不起訴」とした。


「雲隠れ」を続ける甘利明氏を刑事告発!あっせん利得罪の構成要件「請託」「権限行使」「財産上の利益を収受」すべて揃った滅多にない事件だ ~岩上安身による宮里邦雄弁護士インタビュー 2016.3.30

記事公開日:2016.3.30 テキスト動画独自

※4月8日テキストを追加しました!

 「金銭授受の具体的な状況が、告発段階で明らかになっているのは異例なこと」──

 宮里邦雄弁護士が代表を務める「社会文化法律センター」が、2016年3月16日、甘利明前経済再生担当大臣と元公設秘書の清島健一氏を、あっせん利得処罰法違反の疑いで告発に踏み切った。

 「週刊文春」(2016年1月21日発売)が報じた、「甘利氏の地元事務所が、千葉県白井市の建設会社(薩摩興業)から総額1200万円の現金や接待を受けていた疑い」という記事を読み、罪の成立は十分との確信を持ったと宮里氏は言う。2016年3月30日、岩上安身は宮里氏にインタビューを行い、告発の経緯とその真意を聞いた。


派遣法改正の反対集会で派遣労働者が訴え「労働者はレンタル商品ではありません。物ではありません。人間です」 2014.4.18

記事公開日:2014.4.21取材地: テキスト動画

 今国会で審議される予定の労働者派遣法の改正案に反対する集会が、4月18日(金)に衆議院議員会館で行われた。日本労働弁護団前会長の宮里邦雄弁護士が講演を行った他、実際に派遣労働に従事する当事者がリレー形式で報告を行った。